2014年06月26日

AKUSEI

冬の寒さが厳しいと氷河期か…と言われたが、年々確実に夏も早く来ている。

現政権が大敗北後、敵方の自滅により大勝した直後、謙虚に改革の意思を示していて、国民は「彼らは変わった」と感じていたが・・・

「おいらたちのおかげで、株価も上がってきた、公共事業、オリンピック招致のおかげで業界も上向き、消費税を増税しても反動も不満も弱かったので法人税減税に消化しても気付かないみたいだし・・・」

「デフレ脱却景気浮上」という紋所を突き付ければ、何を言ってもやってもお構いなし、定数是正、無駄の削減、天下り廃止、公務員制度改革等、自己に厳しい改革などのヤバネタには一切触れず。

「そんなちっぽけなことより、デフレ脱却景気浮上が最優先じゃ。」

ある政府での諮問会議では破たん状態にある国家から高給をもらっている国立大の教授が「将来的には労働者の九割を派遣社員にするべき。」と発言していたそうだし、ブラック的に使えば「残業代ゼロにできる」残業代ゼロ法案と呼ばれるホワイトカラー・エグゼンプションを導入しようとしている。当初は対象者を「年収1000万円以上」としているが法案さえ通してしまえば、目標は「年収400万円以上」にすると言われている。

企業に国際競争力を付けさせるためと空洞化を防ぐための名の元に、労働者の権利を下げることを認めさせていく。

しかし、団塊の世代が大量退職し、正社員が当たり前でバブルで高い標準報酬月額を支払っていた権利を持っている者たちが年金を貰う側に回れば、正社員を特権階級にされ低い標準報酬月額にしかならない若い世代が支えられるわけがない・・・

消費者でもあり未来の社会を支える労働者の賃金を減らしていけば、将来不安によりデフレ方向は永久に向きを変えることはないだろう。今起きている労働条件の権利の崩壊の風潮の流れは根が深い。短期的な見せかけのデフレ脱却?少子化対策?消費税増税?

実は現政権がやったことは、ただお札を刷っただけだった。

お札を刷って量的緩和をすると円の価値が薄まり、円安をもたらす。円安で輸出関連企業の株価が上がる。運も実力の内と言わんばかりにアメリカの景気の持ち直しの影響が実は大きいが・・・

しかしお札を刷ると、国債も発行しなくてはいけなくなる。インフレが起きると国家の国債の利子の償還額が上がる。今ですら国債償還額は国家予算の3分の1を占めている。

労働者の権利を売り飛ばし、札をバンバン刷ってインフレを起こし国債発行額を上げる、消費税をヨーロッパ並みに上げる・・・

将来の社会人の生活は、権利は・・・

誠実に国民の生活や権利を守ろうと思ったら、怖くて何も出来なかった。国民にむごい結果を生むことになるから・・・

というのが前政権の敗因だったのかもしれない。
posted by WHO IS I ? at 09:23| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

ファティマの預言 5(第三の秘密)

今までにバチカンはファチマ第三の秘密について多くのことを発表しているが、それでもファチマ第三の秘密の部分の全容は明らかにされてはいないという意見が根強く残っている。それは以下のシスター・ルシアが語った「多くの国が絶滅させられ、地の表から拭い去られる。」という言葉によるものとされる。

「ファチマの聖母マリア 明らかにされたファチマの秘密 The Fatima Crusader Issue より」
ファチマ聖母は秘密のこの第三の部分は遅くとも1960年までには信者に知らされることを求められた。秘密の第一および第二の部分と同様に、それは明快で、容易に理解されるものである。秘密の第二の部分と同様にそれは預言的である。われわれは今第三の秘密を生き延びているのである。あなたは永遠の破滅からあなたの霊魂とあなたの愛する者の霊魂を救うためにその内容を知る必要があるだろう。

それはまた世界の終わりの告知でもない。というのは、ファチマの預言は一つの驚くべきそして無条件の約束でもって終わっているからである。それは時を選ばずいつも説かれるべき約束である。というのは、それは揺るがすことのできない希望の源泉だからである。すなわち、「終わりに、私の汚れなき御心は勝利するでしょう。教皇はロシアを私に奉献し、ロシアは回心するでしょう。そして平和の時期が世界に与えられるでしょう。」

それは第三次世界大戦の告知であろうか?核戦争の告知であろうか?そう考えることは理に叶っているであろう。なぜなら、ここでは預言は最も明快な政治的分析を確証する以外のことを何もしないだろうからである。おとめマリアはわれわれをそのように悲劇的に脅かしているこの最も恐るべき未来の戦争を予言されたのであろうか?

アロンゾ神父と共に、私はこれは明らかに第三の秘密の本質的な部分ではないと考える。そして私はこのことを確実な理由で言うのである:すなわち、物質的懲罰の、新しい戦争の、そして教会に対する迫害のこの予言は第二の秘密の特別な内容を構成する。われわれはなおこれらの単純な言葉の恐るべき重要性について反省したであろうか?すなわち、「善人は殉教するでしょう、教皇は多く苦しむでしょう、様々の国民が絶滅させられるでしょう」。シスター・ルシアはフエンテス神父にこう打ち明けた。「祝せられたおとめは私たちに多くの諸国民が地の表から消えるでしょう、ロシアは、もしわれわれがあの不幸な国民の回心を前もって獲得していないならば、全世界を(その罪のゆえに)罰するために天によって選ばれた懲罰の道具となるでしょう」(注13)。それが、「絶滅させられる」という言葉がその明白な意味において:すなわち、絶滅させられる、完全に破滅させられる、と文字通り受け取られることが恐れられる理由である。1917年には起こりそうもないことであったが、この悲劇的な脅威は核時代における今日のわれわれにとってはもはやこじつけの議論ではない。」

と述べられている。また、現代人の社会環境を考えると気になる部分が・・・

「私たちの主はその説教の一つにおいて、終わりの時になると、そしてより特殊的に言えば再臨 -- キリストの第二の来臨 -- の前に、危機の時が教会に来るであろうと予告されました。「人の子が来るとき、地上に信仰が見出されるであろうか。」(ルカ 18,8)それは、控え目に言って、一つの非常に挑発的な問い、使徒たちが確かに決して忘れない問いです。なぜなら、彼ら自身の書簡の中に、主のこの教えはそのしるしを残したからです。」

その第二の手紙において、聖ペトロはこう書きました。「終わりの時、欲望のままに生活するあざける人たちが現われて、言うでしょう。主の来臨の約束はどうなったのか。父たちは眠りについたが、すべては創造の時からずっと何も変わっていない。」(2ペト 3,3-4)。

聖ユードはまさに同じことを言っています。「時の終わりにあざける人たちが来て、その不敬虔な欲望に従って歩むであろう。」(ユード v.17)

聖パウロ自身他の使徒たちの教えを確証しています。「終わりの日」には、困難な時が来る。このことを悟りなさい。そのとき、人々は自分だけを愛し、金銭をむさぼり、大言壮語し、高ぶり、ののしり、親に逆らい、恩を知らず、神を汚すものとなるでしょう。また、非人情で、人と和解せず、中傷し、節度がなく、狂暴で善を好まないもととなり、人を裏切り、無謀で、おごり高ぶり、神よりも快楽を愛し、うわべは宗教に熱心に見えるが、実際は宗教の力を否定するものとなるでしょう。」(2テモ 3,1-5)。

聖パウロはテサロニケ人への第二の手紙の中で他の重要な細部をつけ加えています。最初に彼は彼らにキリストの切迫した再臨あるいは第二の来臨を期待してはならないと警告しています。大きな危機あるいは逸脱が最初に来ます。もともとのギリシャ語のテキストはそれを「背教」と呼んでいます。」
ファチマの聖母マリア  三上 茂訳より)

という部分を読むと、上の言葉にある「われわれは今第三の秘密を生き延びているのである。あなたは永遠の破滅からあなたの霊魂とあなたの愛する者の霊魂を救うためにその内容を知る必要があるだろう。」と言われる時とは、人の心から畏れや情が無くなった時なのだろうか。

(つづく)

posted by WHO IS I ? at 10:18| Comment(0) | 妄想予言考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

お国の家計簿 2

4月から消費税が8%に上がった。お国は「増え続ける社会保障費にすべて充てる」と言っている。
確か消費税3%の時も5%になった時も同じことを言っていた。
そして国民は「未来の人たちに国家の借金のつけを払わせたくない」とほぼ承諾気味だが・・・
このことでつけは本当に減るのだろうか。

平成25年度一般会計予算(平成25年5月15日成立)の概要(財務省HPより)
平成25年度一般会計予算は約92.6兆円ですが、このうち歳出についてみると、国債の元利払いに充てられる費用(国債費)と地方交付税交付金と社会保障関係費で、歳出全体の7割超を占めています。一方、歳入のうち税収は約43兆円であり、一般会計予算における歳入のうち、税収でまかなわれているのは約5割に満たず、5割弱は将来世代の負担となる借金(公債金収入)に依存しています。

と言っている。

よく時代劇に出てくる、現代で言う依存症である「バク仕打ち」は「この借金は勝って、 必ず倍にして返す。」という捨て台詞を言うが、果して本当にそう思っているのか、言い訳なのか・・・

今までお国の景気浮揚策といえば、金融緩和と公共事業費の拡大だった。「そのため一時的に国家予算が増大し国債発行額が増えても仕方がない。でも、その政策で必ず景気が良くなり税収が上がり、国家の財政状況も良くなる。」

と言い続け、国家債務を1000兆円にまでしてしまった。そしてまた同じことを言い出して同じことをしようとている。ほぼ焼け石に水にしかならない消費税を上げたのに勢いづいて公共事業費をじゃぶじゃぶ・・・

それで本当に景気が良くなり、国家の財政状況が好転するといいが。

「たかが消費税が8%じゃ」と言える者たちが、「足りなくなったら消費税を上げればいい」と決めているうちは、「国民の血税を大切に、将来世代の負担を真剣に減らそう」などという国政は出来ないのだろう。

戦後からまだ真の少子高齢化の影響が出ていなかった現在の時点で、国家債務1000兆円。

真の少子高齢化の影響は、実は今から始まる・・・


posted by WHO IS I ? at 11:37| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

お知らせ

この度サイト側の事情でブログを移行することになりました。

今までご愛顧いただき誠に有難うございました。

雨の日も風の日も来て下りました方々に支えられ、ここまで続けられてきたと思っています。

ここに引っ越してきましたので、これからも宜しかったらお越し下さい。

楽しいこと生活☆☆☆日記  http://7skynetzero7.seesaa.net/
posted by WHO IS I ? at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

地震予知

完全な地震予知は人類の願いだが、現在に至っても正確な予知はされてない。

しかし近年地震予知のためではないが、地表の隆起の値や特定の電波の通り具合などが地震が起きる前に異常な値を示すという検証などの結果から地震予知が出来るのではないかという新説が打ち出されているらしいが、正式には認められてはいない。

太古の昔から大地震が起きる前に動植物が起こす異常が報告され、井戸水が枯れたりなどの異変が言われてはいるが他の原因による場合もあるので、はっきりとした予知には使えない。特に人間と比べていろいろな器官が発達している動物たちは、地殻変動で起きる地殻破壊時に発生するといわれている電磁波の放出に反応して異常行動を起こすと考えられていて、確かに何かには反応しているのだろう。

現に、筆者も多くの余震が起きていた時、深夜などの奇妙な時刻に普段はあり得ないほどカラスたちが飛び回ったり異常に鳴き騒いでいたのを覚えている。最近では、寒い時に一瞬鳴いているぐらいになっている。

ただ予知情報が発表されると、その地域の地価が下落したり、人口減少が起きたりするといったマイナスの影響が生じる可能性があったり、また、あまり頻繁に出しすぎても「オオカミが来た」的ななれが生じて、地震に対する準備を怠る原因にもなりかねないとの指摘もある。

そのために新説ではあるが比較的実証されている説に基づく予報であっても、なかなか大規模な地震の予報は出しにくい状況がある。

TVの報道によると、注目はされてはいなかったが、大地震の可能性を予見していた人たちがいたらしいが、”正式”な地震学者ではないから個人の趣味扱いだったのだろうか。説によっては半年ぐらい前から異常値が観測されていた。それなら覚悟する方も準備に余裕があるので、とても助かるが・・・

予報を受けとる方も外れた事を根に持つのではなく、防災準備や訓練の機と捉え、警告として感謝すべきなのかもしれない。

そもそも日本国の歴史を大地震に注目してみてみると、幅はあるが、地域によっては大地震がある周期で起きていることが分かる。(wiki「地震の年表 (日本)」をどうぞ)

まあ発表する方は影響を考えると発表し難いとは思うが、それでも住民は準備と心構えという面からも些細な異変ですら知りたいが・・・

それでも発表する側になれば、もし自分でも大地震となると発表には臆病風を吹かしてしまうだろうが。

でもどんな予知でも、何かの異変が起きているのなら何かは起きている可能性があるので、その後の大被害を想定して勇気を持って伝えて欲しいと、思う。
posted by WHO IS I ? at 19:33| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

歴史は繰り返すのか 4

国会を聞いていたら、聞き捨てならない事が答弁されていた。そして悪いほうによく知恵がまわる。ずるくて抜け目がない。ことを「悪賢い」と言うが・・・

この見せかけ倒しのかすかなる景気浮上に酔いしれ、完全なるデフレ脱却による国民生活の豊かさを得たかのように錯覚しているのか、国民を幻惑しようとしてるのかは分からないが・・・

この機をもってして経済成長期に向かってきたので、国民の年金積立金の運用形態を高リスクのものにも向けていくと総理が言ったらしい。

それに比べ、国家公務員の年金積立金の運用は安全第一にされているとのことだ。国民は国家を信用して完全に任せ口出しすることもできないことをいいことに、そのような目立たない悪賢いことをするとは・・・

デフレ脱却の証として物価の上昇があるが、今回の場合は円安による輸入原材料の値上げによるものであって、景気回復によるものではない。売り上げ高上昇も4月の消費税上昇前の駆け込み需要の可能性もある。

賃上げ上昇を企業に要請しているとは言っても、数が上昇し続ける派遣社員の労働者にとっては賃上げ交渉の要求すら許されない立場に立たされている。

株価は上がった、物価は上がった、しかし円安で物価が上がっただけで賃金上昇コストが起きることによる物価上昇ではないので国民の生活は返って苦しくなりその上消費税も上がる、やはり思ったより経済成長率は上がらなかった。

それなのにもう、景気上昇の成長期に入ったので、国民の年金積立金を経済成長の助けになる不動産投資や元本の保証のない高リスクの金融商品にもどんどん配分していき、そのことによって景気浮上も目論むということだが、以前にもその名目で年金積立金をじゃぶじゃぶ巨大な土地を所有した宿泊施設やハイリスクの海外金融商品に使い、結果的に巨額の損失を出し、少子高齢化によってお金が足りないことにし続けていたという過去がある。

推測からして、国民の年金積立金を自分たちの遊び金程度に思っているのだろう。

民主党政権の自爆によって奪還できた自民党政権だが、奪還当初は過去の自民党政権とは異なり国民の意見に耳を傾け改革を志すようなことを口走っていたが、敵は完敗状態の中、かすかなる脱デフレ状態の兆しが見られただけで、これをもってして“傲慢”と官僚言いなり体制復活で、過去のやりたい放題、失敗は少子高齢化による負担からだと国民に恩着せがましい洗脳をし、過去のやり方に戻って目立たない悪賢いことをしながら国民が気がついたころには国家債務2000兆円という将来のシナリオが待っているのだろう。

か・・・
posted by WHO IS I ? at 12:42| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする