2011年09月30日

改革と言う名の謀反



古賀 茂明氏は、日本の元通産・経産官僚。内閣審議官等を経て、2011年9月26日付で依願退官されたとの事。彼は「改革派官僚」と呼ばれ、政治家としてでなく官僚の立場で急進的な公務員制度改革に取り組んでいたらしい珍しい人材だった。

 しかし、内情に詳しいコメンテイターによると「虎の尾を踏んだ」らしく、全ての仕事から干されて「何もする事が無い。」と本人も言っていた。退官後のインタビューで「組織内から改革に扇動する人などは現れましたか。」と言う質問に、「誰一人いませんでした。」と寂しそうに答えていた。

 彼は思いのほか真剣に公務員制度改革に取り組んでいたようだが、結局「時代の寵児」「似非英雄」扱いに終わってしまうのだろうか・・・

 これからの若い世代にも、自分の思いを伝えたいとの事だが、希望としては改革を表面化させてからほぼ必ず起こる組織の巧妙な形での抵抗や攻撃にどう打ち勝ち生き抜いていったのかまでも、生き様として示して欲しかったが・・・

 と、お気楽な傍観者たちは言うが、孤立無援に持って行かれたら、敵地に一人乗り込んで当局からの援軍も無いのにたった一人で敵を全滅してしまうランボーの様に、そう簡単には改革を続行できないのだろう。

 それでなくても日本人には、永きに亘る封建制度の名残りのDNAが行動の選択に影響を与えているのだろうか。謀反を起こせばお家断絶になり、ずーーと見せられ続けている「赤穂浪士」のその後の如くの結末が頭をよぎり、改革と言う名の「謀反」を起こす時は、全てを投げ出し、形の違った現代版の切腹が待っている覚悟を強いられる・・・

 だから、組織改革の必要性は分かっていても、誰も行動に移す者などいない。

 そして今では、現与党が野党だった頃の、ギラギラとした改革が出来ると思い込んでいたオーラは消え失せ、野獣は官僚に飼いならされてしまった・・・のだろうか。返って与党慣れしている者たちよりも、免疫のない分懐くと扱いやすいのか、だからと言って慣れ過ぎの者たちも流れのない沼のように浄化不可能の様になってしまうのか。

 誰を選ぶべきか、有権者の悩みどころだろう。

 とにかくマニフェスト=政権公約までなら、希望は果てしなく大志を抱けるが・・・

 しかし、そのマニフェスト=政権公約を実行しきれるかどうか。それあるのみ。口でなら誰でも何でも言えるのだ。
posted by WHO IS I ? at 12:56| Comment(2) | 自分の中での名曲選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

復活の日






 なぜか、昔まだカセットテープしかなかった頃、聴いていた曲を思い出した。それは、映画「復活の日」のエンディング曲「You are Love」だ・・・

 それに伴って、映画の内容を思い出そうとしたが、実は映画自体よりもこの曲に惹かれていたために、映画のシナリオがよく分かっていなかったので、改めて詳しく調べてみると・・・

【ネタばれ注意】

 生物兵器に使うため弱毒化する過程で出来た、猛毒の新型ウイルス MM-88がスパイによって持ち出される。スパイの乗った航空機は、吹雪のため前方視界不良に陥り、岩山に激突し墜落した。やがて、春が訪れ気温が上昇すると、MM-88は増殖を始め、全世界に蔓延した。そして、人類を含む脊椎動物のほとんどが絶滅し、わずかに生き残ったのは極寒の南極大陸に滞在していた各国の観測隊員約1万人(映画では863人)と蔓延前に出航していた原子力潜水艦の乗組員[8]だけであった。

絶望の中から再建の道を模索する彼らだったが、日本隊の地質学者・吉住がアラスカへの巨大地震の襲来を予測する。そしてこの地震による被害を「敵国」の核攻撃と誤認する米のARS(自動報復装置)によってソ連本土に核ミサイルが撃ち込まれ、さらにこれを受けてソ連のARSも作動し、南極も含めた全世界に核弾頭付き ICBM が降り注ぐ危険が判明する。吉住は自ら志願して、ホワイトハウス・イーストウイング内危機管理センターにあるスイッチを切る為に、ふたたび死の世界へと赴く。

【ここまで】


 申し訳ないが、映画よりも曲のほうが好きだったので、曲ばかり聴いていた。今回改めて内容を見てみたら、あの当時にしてはとても素晴らしく凝っていて、ハリウッドにも引けを取らないと思われた。逆にあの当時にしては内容が進みすぎていて理解しがたい内容だったため、現代で作られたほうがよかったのではないかと思った。
posted by WHO IS I ? at 00:41| Comment(0) | 自分の中での名曲選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

カサンドラクロス

この曲を聴いていたら、この時代の自分自身の心を思い出した様な気がした。

リスクを考える事を知らない、思いっきりアホを貫き通せた時代・・・

その事を、アホな事だと思っていない、むしろ恰好いい事だと本気で信じていた。

心と言うものは豊か過ぎても、受けるダメージも大きくなるが、なさ過ぎても艶ややかな恋しさなども失われていく。そんな心がまだ風化していなかった頃、感じていた何かが蘇るようなつかの間の感覚を思い出した・・・

 美談には必ず裏があるものだが・・・

 ノーベル平和賞を受賞されたマザー・テレサと言う方が、亡くなられた時の遺品が小さな布袋に入った小物だけだった・・・

 というのをテレビで観て、もしそれが本当であれば彼女にとって人々の苦しみや悲しみを救うということは何にも代えがたいという、崇高な精神の持ち主であったと思われた。




posted by WHO IS I ? at 19:20| Comment(0) | 自分の中での名曲選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

CITY OF ANJEL

 オリンピックを見ていたら、男子のフィギアスケートのある国の選手が使っていた曲が美しくとても魅かれたので、調べてみた・・・

 画面に表示された曲名によると、映画「city of anjel」からとの事だった。

 だたサウンドトラックの中のどの曲かは分からないのが残念だが。



 だいいちこの映画自体見ていなかったが・・・

 最近は現実が脳を支配し、昔のように心の豊かさがなくなっている事を自分自体で自覚できるぐらい、心がギシギシしている。

 しかしきっと、古き善き時代の頃の純真一直線の若き自分がこの曲を聴いたのならば、とてもロマンチックな気持ちになれたのかもしれないと、意味不明な心持で聴いている。

 ふっと心からの真に解放されたリラックス気分に、心の底からここ最近なることが出来なかったが、少しは気持ちが休まった。

 今度、この曲の本体である映画も見てみたいが、表紙に写っている主人公のニコラス・ケイジが若くきれいなので、やはり若さには勝てんと変な意味で痛感した。
posted by WHO IS I ? at 04:59| Comment(0) | 自分の中での名曲選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

祈り

 晴れた・・・公園の紅葉もなかなかいけてる。かわいい

 なぜか・・・この曲を聴いていたら。(聴きたい方こちら

 はるか昔・・・苦しい時、悲しい時、恋愛、合格などいろいろと“幸福”を願って、祈っていた時の事を思い出した。

 今思うと、自分の願い事を“祈り”によって叶えてみようなどと言う希望を心に抱けていただけでも、まだよかったのかもしれない。

 最近は祈る前に諦めてしまい現実をただ受け入れているだけで、苦悩や自己に問いかける事も無くなりそれらを乗り越えるのが精一杯になっている・・・

 祈る気持ちすら忘れていた・・・

 だから“祈り”によって、少しでもつらい現実をよくしたいなどと言う情熱も消え伏せていた。夜

 ある時から・・・心の底から祈ったって崇高な存在は何も答えてくれず、現実を変えようと抵抗すればかえって苦しみが増すだけと言うようにしか思えなくなってしまった。

 祈りが苦痛になった・・・

 祈りと言う効果を本気で信じていた時期もあったが・・・

 今まで、自己の中に願いを叶えて欲しいという欲がそこにあったのかもしれない。

 しかし・・・期待しない、計算しない、叶わないことを恐れない。バー

 そんな心の境地でこそ、祈りが自分自体を癒すのかもしれないと思えるようになってきた。クリスマス
posted by WHO IS I ? at 01:19| Comment(0) | 自分の中での名曲選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

小フーガ ト短調 

 朝は涼しいぐらい・・・牡牛座

 ひょんな事から、You Tube にバッハの“小フーガ ト短調”があったので聴いてみた。ゲーム

 美しい旋律が・・・だだ何度も繰り返すだけの静かに響き渡る曲。
 
 子供の頃、音楽授業で聴いたのを思い出した。授業では、よくクラシック音楽を聞かされたけど・・・あまり興味はなかった。

 その上、あまり聴きたいとも思わなかった。

 しかし今は・・・この曲を聴いていると何か心が癒されるような気がする。

 癒されるような気がするとは、自分の精神にはガタがきている・・・のだろうか。

 無意識か、故意か・・・作曲者は傷んだ心に何かが響いてくるような旋律を作りだしている。

 単調な旋律を繰り返すだけなのに、“極”を極めた作曲家が作っているのだから奥が深いのだろう・・・何かが違う。夜

 痛んでいない時に聴いても、スルーしていたが。

 変に気に入ったのであまり何度も繰り返し聴いていたら、窓からは月が見えていて、自分の中ではこの曲のイメージは熾烈を極めてきて・・・

 吸血鬼が出てきそうにも思えてきた。三日月

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:00| Comment(0) | 自分の中での名曲選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。