2014年03月12日

地震予知

完全な地震予知は人類の願いだが、現在に至っても正確な予知はされてない。

しかし近年地震予知のためではないが、地表の隆起の値や特定の電波の通り具合などが地震が起きる前に異常な値を示すという検証などの結果から地震予知が出来るのではないかという新説が打ち出されているらしいが、正式には認められてはいない。

太古の昔から大地震が起きる前に動植物が起こす異常が報告され、井戸水が枯れたりなどの異変が言われてはいるが他の原因による場合もあるので、はっきりとした予知には使えない。特に人間と比べていろいろな器官が発達している動物たちは、地殻変動で起きる地殻破壊時に発生するといわれている電磁波の放出に反応して異常行動を起こすと考えられていて、確かに何かには反応しているのだろう。

現に、筆者も多くの余震が起きていた時、深夜などの奇妙な時刻に普段はあり得ないほどカラスたちが飛び回ったり異常に鳴き騒いでいたのを覚えている。最近では、寒い時に一瞬鳴いているぐらいになっている。

ただ予知情報が発表されると、その地域の地価が下落したり、人口減少が起きたりするといったマイナスの影響が生じる可能性があったり、また、あまり頻繁に出しすぎても「オオカミが来た」的ななれが生じて、地震に対する準備を怠る原因にもなりかねないとの指摘もある。

そのために新説ではあるが比較的実証されている説に基づく予報であっても、なかなか大規模な地震の予報は出しにくい状況がある。

TVの報道によると、注目はされてはいなかったが、大地震の可能性を予見していた人たちがいたらしいが、”正式”な地震学者ではないから個人の趣味扱いだったのだろうか。説によっては半年ぐらい前から異常値が観測されていた。それなら覚悟する方も準備に余裕があるので、とても助かるが・・・

予報を受けとる方も外れた事を根に持つのではなく、防災準備や訓練の機と捉え、警告として感謝すべきなのかもしれない。

そもそも日本国の歴史を大地震に注目してみてみると、幅はあるが、地域によっては大地震がある周期で起きていることが分かる。(wiki「地震の年表 (日本)」をどうぞ)

まあ発表する方は影響を考えると発表し難いとは思うが、それでも住民は準備と心構えという面からも些細な異変ですら知りたいが・・・

それでも発表する側になれば、もし自分でも大地震となると発表には臆病風を吹かしてしまうだろうが。

でもどんな予知でも、何かの異変が起きているのなら何かは起きている可能性があるので、その後の大被害を想定して勇気を持って伝えて欲しいと、思う。
posted by WHO IS I ? at 19:33| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

地球外生命体の証拠

 米航空宇宙局(NASA)は11月29日、宇宙生物学上の発見に関する会見を12月2日午後2時(日本時間同3日午前4時)に開く、と発表した。

 「地球外生命体の証拠の探索に影響を与えるであろう、宇宙生物学上の発見」について議論するという事で、会見はNASA本部で行われ、その様子はNASAテレビやNASAのサイト上でネット中継される・・・

 なーんて急に大げさに世界中に発表したもんだから、久しぶりに大騒ぎになった。

 とうとう噂の域を出る事のなかった「宇宙人」の存在を正式に認める日がくるのかと、意外に期待は高まっていた。

 過去に地球外生命体に関する比較的信憑性の高そうなものに、2001年5月9日ワシントンDCのナショナル・プレスクラブの大ホールで行われた「ディスクロージャー・プロジェクト」という講演会がある。

 その場で地位と名誉ある人物たちが、自分たちの任務で知りえたUFO情報や宇宙人から得たテクノロジーなどの極秘情報を暴露し、その人々は任務上では「アメリカ政府はUFO情報を極秘にし、それに関わった軍や政府関係者たちは、絶対に外部に情報を口外しないという誓約書にサインさせられ、違反した者は厳罰に処せられる。」と言っており、スティーブン・グリヤ博士がこのプロジェクトの推進者と言われている。

 彼らが言うには、証言者の中には不審な死を遂げている者もいるらしく、某大国の大統領暗殺事件の証言者のケースに似ているような・・・

 そして日本時間3日午前4時ごろに発表された内容とは・・・
 
 発表では「猛毒のヒ素を食べる細菌を発見した」という話で、生命体の維持、増殖には6元素(炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄)が必要だが、 発見された細菌はリンの代わりにヒ素をDNAの中に取り込んで生命体を維持していた。

その生物はカリフォルニアの塩水湖から見つかったらしく、ヒ素で生きるというのは「生物学の常識」に合わない、つまり「今まで地球と言う環境で生息する生物は100%(炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄)の6元素が必要だと思われてきたが、 それ以外の元素でも生息する生物がいると言う事は、地球と違った環境である地球外でも生命体の可能性があると言う事らしい。

 超専門家の知識上から感じる価値と一般市民の受ける価値の差による熱狂度の違いだろうが、みんなちとがっかりした・・・

 まあその現象に似たような事ならSFの世界では既に言われていた。炭素の代わりにケイ素を使う生物がいて、ケイ素に代わると高温でないと活動できなくなるが、平均温度が400度の金星ならかえって生息可能なのではないかなど・・・
 
 また2008年7月、アメリカ航空宇宙局の元宇宙飛行士でアポロ14号の月着陸船操縦士だったエドガー・ミッチェル氏は、イギリスのラジオ局のインタビューで「アメリカ政府は宇宙人の存在を隠ぺいしている」と発言し「60年近くにわたり政府が隠してきた宇宙人の存在について、一部情報の説明を受けた。宇宙人は『奇妙で小さな人々』と呼ばれている。」などの証言をしたとも言われている。

 が、やはり世界のみんなは「宇宙人」を実際に見ていないので完全に確証が持てない。

 隠している方は、きっとそれが強みだろうが・・・

 が、いつの日か隠しきれなくなる日が来る。

 と思っていたら、あの今話題になっている「ウィキーリークス」がこれから公表しようとしている公式文章に宇宙人の存在についての部分もあると言っていたので、きっと今回のNASAの急な不自然な会見は、宇宙人=地球外生命体の存在が公開された時に、「実は今回の会見で公表した内容の事を言っていたのですよ。」と言い訳できるための伏線だったような気がしてならないが。

 しかし、この会見の時点では「飛ぶ鳥を落とす勢い」だったが12月7日に主催者と言われている者が逮捕されるなどで「ウィキーリークス」自体の存在が危険になっている。
posted by WHO IS I ? at 18:49| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

水没の兆し

 ここのところ確かに暖かい・・・晴れ

 海外ニュースのサイトを見ていたら、イタリア北部のベネチア(Venice)で、高潮で冠水したサンマルコ広場(Piazza San Marco)の写真が載っていた。

 過去22年間で最高の高潮に見舞われ、水没状態になり12月2日の時点で前日に水深が約1.5メートルを記録していた。二日目で1.02メートルまでは下がっているとの事・・・牡羊座

 と、いう事は多分こちらの海岸線も高潮で水かさが増えているのだろうか・・・いつも思うが、一見海岸沿いを見続けていてもて微妙な変化は感じられない。

 例え実際は、何センチか何メートルかは地球温暖化による影響での海水面の上昇はもう起き始めているのかもしれないが・・・あせあせ(飛び散る汗)

 しかしサンマルコ広場の冠水した様子は目に見えてとても分かりやすく、真剣に考えると恐怖心が湧き起こる。

 気のせいではなく冬も暖かくなって来ているようで、だからと言って未だに完璧な温暖化防止効果のある対策を世界中で取れないまま、進み続けている。

 だましだまし温暖化を完全に止める事が出来ないまま、人類は地球の気温が少しづつ暖かくなっている事を気にしながらも・・・夜

 やはり、いつの日か・・・

 急に、映画デイアフタートゥモローのような状態を向かえるのだろうか・・・

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:49| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

エコ

 今日は七夕・・・子供の頃は平気で藪の中に入って笹を見つけに行ったっけ。クリスマス

 でも・・・今はあまり藪に入りたくない。 

 世界的に原油が高騰し、それに伴い石油関係の原材料の値段も上がり続けている。

 子供の頃・・・人類滅亡などの本が流行り、石油も近未来には世界中から枯渇する日が来ると本に書いてあった。

 その時は、SFばりの遠い未来で起きそうな事・・・と思っていたが、とうとうその時がきたのだろうか。

 地球温暖化の原因である温暖化効果ガスの発生に石油の消費が関係している。バー

 世界的にCO2削減をしていくという課題に悩んでいる・・・が、なかなか各国の足並みは揃わずに、削減にまでに至るには困難だ。

 エコ・・・エコロジーの略で環境に配慮する事。生態・環境保護を意味する。

 しかし、“CO2を削減しよう”という事を世界中の人々に実行をさせるには・・・

 簡単に・・・省エネ生活をするという事だが。

 温暖化を防ぐため・・・とか。ぴかぴか(新しい)

 地球の気候、環境を守るため・・・とか。

 訴えたところで、なかなか“分かっちゃいるけど、厳しい省エネ生活などできまへん”と言われ、CO2削減生活など世界的に実行させるなど・・・無理と思っていたら。

 TVで・・・今回の世界的なガソリンの高騰で特にCO2排出削減にあまり乗る気ではない“あのアメリカ”で、自主的にガソリンを節約する方法をみんなで考え工夫していると言っていた。ー(長音記号2)

 やはり残念な事に・・・エコを実行させるには、その方法が一番なのだろう・・・か。

 地獄の沙汰も・・・という事なのだろう。

 やはり、お金の力は世界共通だ。

 エコを実行させた動機は・・・それだった。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 22:45| Comment(2) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

映画トータルリコールと火星

 子供の頃・・・学校の行きと帰りに“緑のおばさん”が横断歩道にいてくれた。今は、近所に緑のおじいさんたちがいる。

 火星米航空宇宙局(NASA)とアリゾナ大は20日、火星探査機フェニックスが、氷にほぼ間違いない物体を撮影したと発表したとのこと。

 未来に人間が火星に住んでいる話といえば・・・映画トータルリコールで火星に存在するといわれている“氷”をめぐるものだった。

 いまのところ、火星は海や川などの明確な水の存在は表面上明かされてはいないがTVの特集では、今の地球のような水が存在していたような地形をしていると言っていた。

 かってなる妄想では・・・太陽系の惑星が太陽から離れている外側の惑星から冷えて固まってきたとすると、地球より先に生命活動が始まっていたのかもしれない。

 と、言う事で・・・15日にロボットアームで地面を掘った時、深さ5センチの溝の底に露出した氷か塩とみられていた数個の白い塊が、約4日後には消失したので研究チームは「氷が日光を浴びて蒸発した」と判断したらしい。

 火星は平均気温が低いので、水が、氷として存在している可能性が言われていたが、映画トータルリコールでは・・・火星の氷を水に変える方法が面白い。

 氷は見つかってもそんな事が出来るか分からないが。

 ただ・・・この火星の水や土のサンプルを地球に持ち帰るときに、未知のウイルスなどが存在していて、地球上の生物に感染してしまうとか。

 またまた妄想だが・・・本当は火星に生物がいたが、そのなぞのウイルスで火星生物が全滅していて、それを知らないで地球に持ち帰った。

 などの、オチにだけはしないでほしい。

 すると・・・こんどは、映画アイアムレジェンドばりのシナリオに地球上がなるということに・・・

 つづく。

See you again !

posted by WHO IS I ? at 05:20| Comment(2) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

温暖化の果てにくる事

 今年の夏は暑くなる・・・そうだ。

 別に専門家ではないので妄想の域を出ないのだが・・・

 TVで・・・地球温暖化によって地球上気温が上昇して、もし地球上の氷が解けても、コップの中の氷が解けても水面の高さが変わらないように海水面の高さに変化はない。

 と、唱えている説を紹介していた。雪

 うっ・・・そ・そうなのか。

 じゃー、地球温暖化による海面上昇での陸地の水没は起きないのか。今まで、未来には世界の陸地は現在の何パーセントにまでなってしまうのか本気で心配していたところだったけど・・・ホッと、した。

 と、思ったが・・・

 以前に映画デイ・アフター・トゥモローが公開された頃、TVで水没の心配の他に実は世界中の“氷”が“水”になる事で海水が薄まってしまうことにより気象上問題が起こるらしいと特集していた。

 そのときの説では、海水が薄まると海流が止まり海流が止まると気温が固定化してしまい、その為に気温が極端なものになり氷河期と同じ事が起きてしまうという事だった。

 そこで・・・映画デイ・アフター・トゥモローを思い出した。ここから、ネタばれあり。バー

 この映画は、地球温暖化によるこの様な説を元に作られたらしい。

 映画の中ではニューヨークの街に高波が流れ込むシーンが圧巻で、温暖化の究極期に各地で起こりえる様子をはっきりと分からせてくれた。

 その上最近・・・夏の最高気温もだんだん上昇してきているので、温暖化を身近に感じるようにもなってきている。

 ただ映画では、あんなに凄まじい天変地変が・・・

 とても簡単に・・・解決してしまうが。

 しかし、最終氷河期は7万年前にはじまり1万年前に終わったらしく、海水からの水分が陸地に雪として降雪し陸上の氷となったため、地球上の海水量が減少して世界中で海面が約120mも低下していたらしい・・・

 と・・・いうことは、海面の高さはやはり変化するのだろう。モバQ

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:54| Comment(2) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

太陽系外惑星にも・・・が!

 驚きのニュースに・・・

 ふーん、それが何・・・と言われると、たしかに、そりゃそうだと思わず言ってしまうが。

 太陽系外惑星で有機物を初確認!

 と、言うことは、生命の存在可能性が高まったと言うことらしい。プレゼント
 
 地球からこぎつね座の方向に63光年離れた惑星の大気にメタンと水の分子が含まれていることを、ハッブル宇宙望遠鏡による観測で確認したと、米カリフォルニア工科大と英ロンドン大の研究チームが20日付の英科学誌ネイチャーに発表したとの事。

 そもそも、63光年離れた所の事を観測できるとは・・・知らなかった。

 生命の誕生につながる有機化合物の存在が確認されたのは初めてと言うことだが・・・

 たとえ生命体が存在しても、むこうさんから、連絡や訪問してもらはないと、地球からは行けないが。

 この惑星「HD189733b」は、木星のようなガス惑星で、太陽に相当する恒星のごく近くを周回しているため、大気の温度は900度程度の高温とみられる。このため、この惑星に生命が存在するとは考えられないらしい、が。

 太陽系でいう、金星というところか。

 “生命の可能性”と言えば、その前に・・・目の前の“火星”の方がとてもあやしい。飛行機

 サイトからの不確実な情報からかってなる妄想をすると、近未来・・・地球に2回の巨大隕石の衝突の可能性があり、その内1回は相当な規模の衝撃になるらしい。

 と言うことから、今注目の地球環境破壊による人類滅亡とは違い、人類の努力や英知では不可避な“小惑星衝突”という別バージョンの人類滅亡のシナリオにむけて・・・霧

 もし小惑星衝突が現実になれば、人類が何をやっても、もう地球は本当にだめだ・・・

 という事が、分かっている人には分かっていて、急いで“火星に移住”しようとしているのかもしれない・・・ゾ。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:31| Comment(2) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

台風9号part2・・・

 台風のせいで風が強く、雨も強く降ったり止んだり、一日中とてもにぎやかな天気が続き、とうとう夜になった。台風夜台風

 空で、風がごうごうと鳴っている。NHKで流れている曲は、あまりにも悲しすぎる・・・な、な、なぜなのだ。な、な、泣いてしまいそうだ。台風の本体はまだこれから来るというのに。

木々も凄まじく揺れ、時たま缶などがころがっているような音などで、少しうるさい。外の猫たちは、一体どうしているのか、なぜか急に気になってみたり。 子供たちは意外と、台風で学校が休みになってほしいと、本当は秘かに願っているのだろうと思ったり。

 自分のときは不思議なことに、必ず台風は夜のうちに通りすぎてしまい、朝、晴れていて、なーんだ学校休みじゃないんだーと、よく思ったなーと思い出す。

 ちょっぴり寝てみたけど、やっぱりビュービューうるさくて寝苦しい・・・台風クリスマス台風

 寝れないのでちょと外を覗くと、暗闇で木がめっちゃくっちゃ揺れていて、不気味な様子になっている。でも、明日があるので、やっぱり寝ます。See you again !
posted by WHO IS I ? at 01:59| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

台風9号・・・

 昨日から、台風9号が接近中とTVで騒いでいるので、天気図を見ると、とても大きい・・・日本列島と比べると、渦が大きい事が分かる。だから、確実に上陸するらしい。台風雨台風

 風速も強そうだ。風が強いと物が飛ぶので、とても怖い。来るとどうなるか空想するが、やはり来ないほうがいい・・・

 9号は速度がゆっくりなので、通り過ぎるのに長い時間かかったら困る。すごい大雨とすごい暴風が長引いてしまったら・・・怖い!

 3びきの子ぶたの、わらの家のように吹き飛ばされないとは思うが、ものすごく窓がガタガタ揺れるだろう。夜になると、NHKでは寂しそうな曲が流れ画面も動かないので、余計に怖い。

 とにかく、お菓子と食べ物を用意して非難できるようにしなくてはと考え、遠足の用意のようになってしまった。TVふくろ

 でも、いつも本当に台風が来ると、思ったよりも大きい、思っていたより静かだったとか感じるが、実際に来てからでないと分からない。植木鉢をかたずけるのが疲れる。See you again !
posted by WHO IS I ? at 05:50| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

流星群見たいけど・・・

 1年間のうちで一番見やすい、しし座流星群だが、ゆっくり寝そべって外で見たいけど、虫が、草が、汗がでてとか・・・いろいろ文句つけて、結局居場所が見つからず、やっぱり、外でなんか見れない。

 きっと、area51の前でUFOを見ようと思っても、砂漠なので、サソリがとか、ガラガラヘビがとか、やはり、外にはいられないように。人影人影

 理想は、涼しくて見晴らしがよく、ハイジみたいに、美しい草の上に寝そべって、満天の空の流星群を見ようと思い続けてはいるが、実行には、移せてはいない。

 ある昔、母方の親戚がある岐阜県の山奥の家の、駐車場と化した広場で、ヒョット上を向いたら、プラネタリウムばりの本当に満天に輝く、星空を見たことがある。夜夜夜

 その時、あまりにも星がすごく、絨毯の帯のように光り輝いていた。あまりの星の数と美しさに、つぶされそうで、足がすくみ怖いぐらいだった。今の子供たちに、ぜひ見せたいけど・・・・・

 きっと、今、その様な星空を見るには、エベレストの山頂にでも、行くしかないかもしれない。とても、残念だ。
See you again !
posted by WHO IS I ? at 04:11| Comment(4) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

台風先生・・・お人が悪いですぜ

 今日外に出かけると、とってもとっても暑かった。
 湿度のせいで、汗がひかない。暑い、苦しい!!!晴れ晴れ晴れ

 そうか、台風か。どうりで蒸し暑いはずだ。いつもの、NHKの台風情報に、寂しげな美しい曲が流れ、台風が何かのイベントのような気持ちにさせる。とか言ってる場合ではない。雨雨雨

 だいたいの台風は、九州、四国、お得意のコースは関東へーーー。向かう???事が多く、多いのに??
 それが、今大変な、新潟県を通るとは・・・

 大変なところは、どうなるか、本当に心配だ。

 温暖化のせいで、台風も強大になると、植木鉢かたずけるぐらいじゃすまないよ。そのうち、命がけになる。台風や、竜巻、地震への恐怖を感じると、自分が原始時代の人々のような未開の無力感を感じる。台風台風台風

 そう、まだまだ大自然からすると、人間は、無力にちかい。そして、人間はお互い生身だ。戦うには弱過ぎる。See you again !

その時は、台風のせいか?と思っていた。
posted by WHO IS I ? at 00:27| Comment(0) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

星座・・占いのアイテムではない

 アニメのハイジの真似をして、窓の真下で寝てみた。寝ながら、夜空の星が見たかったからだ。夜風を受けながら、満点の星を眺めながら眠りに付く・・・
 いいネーー、気に入った。

 しかし、今、絶滅危惧種なのは、星だった。だからきっと、今の子供は空の星と星を結んで、星座をつくるって、何???よく分からないと、思うだろう・・・・
 だけど、占いに使う12個の星座は、残るだろう。
 とても目立つ月は、絶滅する事はないだろう。やや欠け月三日月半月

 まあー、映画タイムマシーンのように、月が見えなくなるほどの超未来まで生きていないから、心配するのは止めよう・・・ストレスになる。がく〜(落胆した顔)

 だから、今のうちに、夜、星を見ておこう!!!
 でも、見たくないよね・・・See you again !
posted by WHO IS I ? at 06:51| Comment(2) | 気象・天体・星・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。