2010年10月27日

うそ

 アメリカのドラマ『ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間』を観た。題名からすると恋愛もののサスペンスかと思ったが、難事件解決ものだった。

 ネタばれ注意・・・

 嘘を見抜く研究で天才的な科学者カル・ライトマン博士がライトマン・グループを設立し、優秀な心理学者たちを集め、FBIや国防総省の依頼など様々な難事件を解決していくと言うもの・・・
 
 仕事を解決するために、関係者の表情、しぐさ、話し方などから次々とその者たちが言っている事の真偽を判断していく。

 つまり、嘘を見抜くという仕事らしい。

 普通一般市民は、嘘と言うとその人が言った内容と状況から漠然と嘘くさい程度に判断し、その人が嘘をつき続ける限り、悔しいが真偽は大抵謎のままだ。

 それを博士の売り文句「わずか0.2秒の“微表情”を科学的発見により分析して嘘を見抜く天才」とある。

 嘘を科学的に分析して立証して、確信に近づける。変な意味で叶えたい願望の一種だが・・・

 専門的な知識から、超能力でもない限り普通の人間は心の中は決して他人には分からない事になっている嘘を確実に当てる事など可能なのだろうか。

 現代の研究の水準はどの分野でも、凡人には想像できないほど進化していると言う噂は絶えないが、嘘を見破るテクニックも想像の域を超えているのだろう。

 しかしただ事件を解決しても、裁判になるとどうか・・・と、勝手におっせかい的に心配になったが。

 罪に問うには証拠が重要で、証拠がなくては法では裁けないと言う現実にぶち当たる。そのため証拠に囚われるあまり、今回も大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件のような事が起き、深みにはまる結果、真実を見抜く目が曇ってしまうだろうか。

 そして博士たちは、人が嘘をつく時の様子、特に顔にある多数の表情筋の微妙な動きやしぐさなどから次々と判断していく。

尖閣諸島問題での船長の処分保留で釈放する那覇地検の判断において、お国が関与しているかいなかの、国会での官房長官の発言時の様子をカル・ライトマン博士に分析してもらいたかったが。

 簡単に分かりそうなシーンは、素人でも使えそうだ・・・と、観ている側人々がみんなそう思うと。

 このドラマを観過ぎて、お互い相手と話す時に、相手もこのドラマを観ていると深読みをしすぎて、嘘と疑われたくないために、ロボットのような反応に徹してしまい、かえって疑われてしまい変な事になりそうで、ストレス要因になりかねないが・・・

 まあ、ちょっとした嘘ならという気もするが、このご時勢そうもいかないと言う事なのかもしれない。
posted by WHO IS I ? at 00:25| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

フラッシュフォーワード

 題名から内容が予想できず、あまり面白くなさそうだったが、見ていたら面白かった・・・ので。

 ネタバレ注意。

 このドラマは日付に重要な意味が出てくるが、それはドラマの中で起きる2009年10月6日の出来事から始まる。

 主人公のFBIロサンゼルス支局に勤務する捜査官マーク・ベンフォードは同僚のディミトリ・ノウと共にテロリストを追跡中突然意識を失い、その間に彼は夢で見るよな不思議なヴィジョンを見る。

 再び意識が戻ったとき、マークの目の前に広がっていたのは、飛行機の墜落や自動車事故などの壮絶な大惨事の様子と、パニックに陥っている多くの人々の姿だった。

 この現象は全世界で起き、世界中の人々が同時に気を失っていた。気絶していた時間は2分17秒間で、不思議な事にその気絶していた間に全員が、未来にあたる2010年4月29日午後10時の時点のビジョンを見ていた。

 この現象により世界中で数千万人の死者が出た為に、この事件の原因追及が急がれ、自然現象なのか誰かにより故意に誘発されたものなのか・・・

 ドラマではこの惨事の原因は、他の目的で行なっていた実験により発生した電波により人々が意識を失ってしまったという事になっている。これに酷似した内容に某大国が行なっていた軍事的実験であるフィラデルフィア実験中に戦艦エルドリッジ号がタイムスリップしてしまったというものがある。

 この件についても証言者はいるもののSF扱いされている上に、国は口外しないようにマインドコントロールを含む相当な口封じを強いているらしく絶対に真実を認める事はないとは思うが・・・フィラデルフィア実験中に副作用として起きたタイムスリップは実用化され、多くの(被験者=被害者に近い)を使って実験が行なわれたというふしがドラマにも描かれている。
 
 よくこの国では、実際に起きていると“噂”をわざと映画やドラマにして、その現象を民衆にSFであると思わせるということしていると言う噂をこちらも聴くが、もしかするとこのドラマもそのようなものなのではと思われた。

 現実に今進行中の科学技術は教科書に載っていることよりはるかに進んでおり、もしかするとタイムとラベルなどまだまだSFだとこちらが思わせられている事も、もう現実化している可能性は高い。

 このドラマ上の出来事では、全世界の人々が一瞬で数千万人亡くなっているが、もしこれが実は人為的な作戦であったらと考えると・・・

 実はこれに似た世界中の人口を減らすと言う恐怖の作戦を、ある勢力が考えていると言っている人のサイトがあった。

 面白いことにこのドラマは視聴率も悪くなく、どちらかといえば好調だったのにシーズンTで打ち切りになったと言うことだ。

 まさかここに描かれている内容が、あまりにも核心に迫りすぎたからではないかと一人妄想して、やはりあの謎の人類削減計画と言う内容は真実に迫っているのではと思い直している。
posted by WHO IS I ? at 16:06| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

Xファイル

 秋だけど春を思わせる風が吹いていた・・・ ぴかぴか(新しい)

 アメリカのTVドラマ“Xファイル”がドラマ終了後5年経って2008年に映画Xファイル・真実を求めてが作られたらしく・・・

 と言うことで、借りてきたXファイルとは全然関係の無い映画のDVDの中に、この映画の公開記念と言うことでTVドラマの方のXファイルの第一作目が“おまけ”として入っていた。TV

 “Xファイル”と言えば・・・1993年〜02年に制作されたアメリカのTVシリーズで、ストーリーは、UFO、UMA、オカルトなど科学では説明の付かない超常現象のまつわる事件に、2人のアメリカ連邦捜査局(FBI)の捜査官モルダーと、女性捜査官スカリーのコンビが取り組み活躍するというもの。

 その頃はまだレンタルがDVDでなくビデオが中心の時代で、Xファイルはシーズン9までで不確定だが201話もあって、一時はレンタルビデオの棚にいっぱいに置いてあった。

 そういえば意外と、第1話は見ていなかった。バー

 すると今までは気が付かなかったが、オプニング画面に・・・

 “この作品は事実をもとに製作されています”とわざわざ作者は断りを入れていた。

 意外と作者は、このドラマの内容は実話だと言い張っていたとは・・・これらの不思議な話がかーと今更驚いたが。

 ドラマでは、宇宙人と思われる存在の確証のある証拠を担当官が米国防省内の倉庫に隠しているシーンや、噂されているような地球人がUFOに連れて行かれたりしている内容など未確認状態のものも多い。

 やっぱり宇宙人は地球に来ているのかと言いたくなる。

 もしこれが本当なら、製作総指揮はクリス・カーターは何者なのか・・・映画

 それでも今現在、宇宙人もUFOも明確に存在を確認させない。存在に遭遇したとされる人々からの膨大な証言も、妄想扱いされている。

 ははーーー、やっぱり宇宙人はいたのか。

 と言う日は、いつ来るのか。夜

See you again !
posted by WHO IS I ? at 01:10| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

CHANGE

 ドラマの中だけど・・・もうこうなったら“あなた”になってほしいという人が総理になった。TV

 たとえ・・・実世界での日本が未来の実状にあったシステムにCANGE出来なくても、キムタク総理を見ているだけで少しは明るい気分になれたような。

 人間・・・“行く先”の道が、崖などの危険であるという事がはっきりと目に見えていれば、早めに航路を変えるが。

 “行く先”が目に見えにくく判断した結果も不明となると、航路の取り舵は難しい。

 そして・・・日本国の“行く先”という国家の舵取りとなれば、明確に目には見えにくい。ハートたち(複数ハート)

 とにかくこの日本国は、未来に向け何をするべきなのか。この国の航路の取り舵をきるのは、本当はだれで、いつ、取り舵をきるべきなのか・・・

 タイタニックの遭難事故は夜だったので、見張りがその先にある氷山を見落としていて舵を切るのが遅かった、その上陰謀で望遠鏡が装備されていなかったなど諸説あるが・・・

 進路の先が危険だったのに、航路をCHANGEしないでそのまま行ってしまった為に・・・乗客は沈まない船と信じきっていて、まさか沈むとは思っていなかったのか。夜

 少子高齢化、産業の空洞化、低賃金、低消費・・・戦後、発展し続けてきた日本国は今、その逆が起きて来ていて急速にスパイラルが起き始めている。

 パソコンですら少しづつ新しい変化に対応する様にプログラムをアップグレードし続けているというのに。日本の国家システムは現状にあった様にアップグレードすらしようとしていない。

 そろそろ・・・本気で仕上げていかないと。夜

 ということで・・・キムタク総理がドラマの中だけでもどの様な奇襲奇策で、この戦後からの古いしがらみにがんじがらめになっている日本国を政治力で“チェンジ”していけるのかが楽しみだ。

 この国の航路の先にある日本国の姿とは・・・ー(長音記号1)ー(長音記号2)

 See you again !
posted by WHO IS I ? at 18:23| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

東京大空襲〜受難

 ドラマ東京大空襲をやっていた。

 子供の頃は、戦争は良くない事というおおざっぱな思いがあっただけで、戦時下の物語や映画などを見ても、漠然と戦争は良くない事と感想文などを書いたり、教育的に思わされていた・・・という方が正しいのかもしれない。

 戦争とは・・・現代の民主主義下の日本ではほぼ遭遇する事もないものとして、空想の域をでないのが本心だ。

 映画やドラマでも真実は描ききれなくても・・・戦争に遭遇された方たちは、一人一人には生きるか死ぬかがかかった事象であったということぐらいの思いは、伝わってきた。

 戦後生まれの自分には、ただ平和すぎる毎日ですら何かが不満で、なかなか幸福感を持つことも無く、平和への感謝の気持ちなども、すっかりと忘れている・・・

 東京大空襲は1945年3月9日から10日に起き、死亡・行方不明者は10万人以上と言われ、東京の3分の1以上の面積(約41km²)が焼失したと言われている。

 一方、アメリカ軍の損害は撃墜・墜落12機、撃破42機であったとの事。

 他の番組によると・・・当時アメリカ側は、日本の関東大震災の時の被害状況などを検証して、東京は木造住宅が密集しているために下町などは火災被害にあいやすいことをつきとめて、攻撃目標としたらしい。

 この様な民間人に甚大な被害がでたのは、戦争という名のもとで・・・人工的に引き起こされた事だ。起こした方も、結果を予測した上で起こしている。それが、戦争という思想の現実だ。

 戦後60年の歳月が過ぎ・・・人間は平和と繁栄を手に入れると、その事自体などは幸せであるということを思えなくなってしまう。

 ただ本当に平和ボケしきっている今から思ったことは、終戦当時あのような状況で、人々がどんなにか日本が平和で安全な国になってほしいかという祈るような思いがあって、今の復興した現代の日本が存在しているという事・・・

 きっと、日常に戻ると忘れてしまうが・・・少し感謝した。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:18| Comment(5) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

The4400

 いまは梅の花が見ごろ・・・春なのに、夏並みの夕立がきた。

 海外ドラマ“The4400”を見た。バー

 内容は・・・

 ある日、彗星が現れ、アメリカのシアトル郊外付近に彗星の様な物が降りてきて、その光の球体から・・・60年ぐらい前から世界で行方不明になっていた人々が突然に姿を現わした。

 ただそれが、なんと4400人・・・

 いくらなんでもドラマのネタが切れるからと言って、登場人物に4400人もキープしておくとは・・・さすが、アメリカ、驚きだ。

 人々を国が調査した結果・・・

 行方不明者たちは失踪後の記憶もなく、外見上は歳を取っていない様に、失踪当時の姿のままだった。歳月が過ぎている為に、家族や居場所が無くなっていたり、多くの事情を抱えながらも社会に帰される事になるが・・・彼らには、何か変化が。

 シーズン1の第一回目・・・一人の老人は、帰ってきたら自分の会社が乗っ取られていた。そのことに激怒して、乗っ取った者の豪邸の前で門を握り締めて怒っていたら・・・家が揺れ、家の中の物やガラスが壊れ、最後に家の中にいる乗っ取った者までが、その念力のせいか倒れてしまう。

 その場面を見た瞬間、かなり昔に見た映画に同じようなシーンがあった事が頭に浮かんだ・・・カチンコ

 超能力者が自分の念力で、人を倒してしまうものだったような・・・

 しかし、シーンだけが鮮明に頭に残っているのに、どうしても題名が思い出せず、あまりに古すぎて、監督名や出演者名などは一切不明ときている。

 でも、映画名が無性に思い出したくなった。

 一転して映画というものは、題名が分からないと検索出来ない・・・二進も三進もいかなかった。普段、検索に頼っていた事だけが分かった。

 すると・・・SF映画一覧を載せていてくれているサイトが見つかり、関心することに年代別にものすごい数の映画名があった。人影

 お蔭様で・・・探していた題は、“映画スキャナーズ”ということが分かり、気分が晴れた。

 ただ自分の気持ちがすっきりしただけ、と言う落ちでした・・・

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:52| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ドラマ半落ち

 きょうは冷えて、どんより曇っている。

 土曜ワイド劇場で“半落ち”というドラマをやっていた。これは横山秀夫の「半落ち」という小説のドラマ化で映画化もされているらしい・・・映画は見ていないが、今回ドラマで初めて見た。

 内容は・・・ここからはネタバレが。

 元捜査一課の警部で、現在は警察学校の教職に就く梶聡一郎が、妻を殺害したとして自首してきた。現役警察官の殺人という事を重く見た県警組織が、捜査一課のエース志木刑事に聴取を担当させる事にする。

 やがてマスコミが事件の重大性を騒ぎ始めると、事態の収拾に焦る県警幹部は供述の偽装をも画策して、志木刑事と対立する。過去に志木刑事は、若い頃に先輩として梶に指導を受けたりしていて、仲がよかった時期があった。

 ドラマでは、妻を殺した後に梶が出頭したのは事件の3日後だった為、空白の2日間に何があったのかがドラマの焦点となり、その謎で見ている方も引っ張られ続けた・・・

 この“空白の2日間”について、なぜか梶は黙秘を続ける為に2日間の様子がつかめずに、いらだつ検事に志木刑事が、“もし梶さんが本当に人を殺したのなら彼は潔く自殺しているはずなのに、今回のような行動をとるとは梶さんらしくない”と言っていた。

 部下が、梶という警察官の人間性をそこまで信頼しているとは・・・

 ちょうど昨日のニュースで、あの元防衛事務次官殿が在任中、災害後の救助活動に7000人?の自衛官が任務についている最中に、ゴルフ接待を受けていて不在だったとか。また沖縄で米軍機が民家の近くで墜落して、民間人に被害が出た事件の時も、不在だったと報道していた。

 不在?・・・本人の自覚のなさと、自分の任務の認識と意識がどこかにブットンで、おつむが欲望の任務でいっぱいな人間をみんなも必要としていなっかたというあらわれだが・・・いなくてもいいなら、はやく解任しろ今度から。

 トップの役職に就くということは、その下に部下の命を預かっているという思いがあってほしい。トップの職権を利用して、自分の儲けにはしる事を“恥じ”とすら思うことも出来ない人間・・・彼はいまでも、何が悪いのか理解出来ないほど、自分の本当の責務を忘れているのだろうか。

 ふ・る・い、貴様は・・・と通告されるだろうが、それでも言う。

 ほんとうにその責務の重さと、現場で任務についている部下たちの安全と国家秩序の安定を願っている人間をトップに選んでくれ・・・尊敬できる人に会いたい。

 ということで“半落ち”のドラマの中には、悲しいほどの真摯な人間性をもった人々がいろいろでてきた。

 そんな人に会いたいなら偉人伝でも読むしかないか・・・
See you again !
posted by WHO IS I ? at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

24X見ようっと・・・

 いままで24Wを深夜に再放送していたので、秘かにまだ見ていない24Xをやってくれなかと願っていたら、月曜日から24Xが始まった。24hシリーズの5作目で、1作目からの長いお付き合いだ。ビールTVビール

 主人公はジャックバウワーというテロ対策本部の捜査官で、いろいろなテロを阻止していくというもの。よくありがちな“型破り捜査官”だが、型破りすぎて無法者と化しているきらいがあるが、ジャックは何をやっても許される・・・

 彼はどんな高い立場の人も言う事を聞かせてしまい、彼にかかると大統領ですら言う事を聞いてしまう。そこがジャックのすごいところで、自分が正しいと思った事は必ず実行し、強引な彼は誰の言う事も聞かない。アメリカの象徴のようなキャラなのだ。爆弾パンチ爆弾

 他のドラマとの違いは、ドラマの内容と放映時間を共に24時間という事にして、見ている方も実際におきている様なリアルタイム感覚で見て欲しいとの事だ。しかし、いくらジャックバウワーでも24時間で、国家危機を招くような大きな事件を解決してしまうなんて・・・exclamation&questionわーい(嬉しい顔)exclamation&question

 ありえない、ありえないと、見ている方がジャックより壊れてしまいそうだが!!!そこが、ジャックバウワーなのだのだろう。See you again !
posted by WHO IS I ? at 05:07| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする