2013年05月27日

炎上根性

植物には恵みだが、湿度が高いのは・・・快適ではない。

橋下市長の発言が問題視され、某大国まで大騒ぎをしている。

確かに誤解を生む表現もあったのだろう。テーマは事実上の戦後処理に関わる事とも言えるが、戦時下における世界中の現状の一つであるとも言える。

世界の潮流を歴史として捉えると、人権の確立の完成には現在に至るまでに長い時間が掛かっている。

女性の参政権などの確立も歴史的にはとても遅れていた。人権侵害に関しては、現代人の目線から見ると理解出来ない現実が過去には正常だと思われていた可能性がある。

特に人権と言う概念自体、持っている側も認知していなかった時代の方が長かった。そして、人権を侵害する方もされる方も今の目線からでは正しい判断は出来ない。きっと当時、現代の基準では人権侵害であっても、当時は人権侵害と認められていなかったのである。

全ては今だから"間違っている"と言える事なのかもしれない・・・

例え当時行われた事の中に人権侵害があったからと言って、当時はどの様な判断だったのかが問題だ。その上戦時下の事象については国が違い、証言者の立場の違いなどで、一つの事が違った様に描かれる。地域によっても、管轄勢力によっても均一の結果を迎えていたとも限らない。

戦時下は異常事態だからだ。そこで今回彼が言わなくても理不尽に感じるのが、全く世界中で行われていた現代の基準による違法行為が"戦勝国"は問われず"敗戦国"は永久に責められる。その思考形態こそが戦争を正当化する思考につながる。

厳しい事をいえば、自国の国民の不満を回避するのに使っている国もある。

ところで我々戦後の状況下で生きている者達も、どれだけ当時の事を正確に知っているかと言うと、現実は"教科書程度"か教科書すらきちんと見ていない。細かい体験談や他国の事など個人の探究心にまかされている。そんな他人事気分の現代人の評価など何人も意見を言える資格すらない。

後世の人々が言える事が出来るのは、"二度と繰り返してはいけない"と言う事だけだろう。

もしかすると、人権確立はパーフェクトと過信している今現在ですら、未来人からすれば、信じられない人権侵害があるのかもしれない・・・

ただ、彼が提議しようとした問題は彼一人が抱え込み、解決を強いるべきものではない。

今回のケースで学べる事は、"タブーに触れた人間は四面楚歌になり孤立無援で非国民扱いを受ける"

だから問題提議、分析検証、問題点の確定、解決策の考案、解決。が行われない。問題提議だけで、一気に"炎上"が起きる。

守るべきは、"好感度"なのか、 最近は第四の権力とまで言われていた図体のでかいマスコミまで、彼の提議した問題に真摯に検証し真実に近づこうともせず、烏合の衆が起す"炎上"の如き精神で無責任に言葉尻にのみ反応しているのには、呆れる。

彼が言いたかった事をド素人の様に茶化し、真の問題提議から逃げ、好感度に徹すると言う、苦しまない選択をし続ける。

ある意味、闘う事に臆病になり、組織化された機能していないマスコミの失われた役目を彼が一人で行おうとしているとも言える。

だからこの国は無責任、無関心、無対応が横行し、誰一人真実に向き合おうとはしない"卑怯者"天国と成り下がっているのだ・・・

" だから世界から舐められる"

それが、彼の言いたかった事なのかもしれない・・・

日本国に現れた口が下手な救世主

しかし、世間は気の小さい卑怯者の烏合の衆であると覚悟せい!

posted by WHO IS I ? at 23:58| Comment(0) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

想定外という怠惰

日本の夏は湿度が高いので、怪談が好まれたのだろうと最近思う。が、まだ夏ではないのに今から暑い。

今回の震災による津波のせいで、福島第一原発事故が起きたとされているが、その際に頻繁に用いられるのが「想定外」という言葉だ。

しかし、本当に想定外だったのか・・・

原子力発電所に起きる危険な事象で、想定される事は、地震、津波、テロ行為などだが、それらは全て確かにいつ起こるかは解らない。しかし、地震は比較的周期性があり巨大地震はプレート上に起きる事ぐらい素人でも予測出来る。

専門家と呼ばれ研究している人であれば的中率の高い予測が出来る。そしてそれは予言なのではなく、研究や調査などを重ねた結果から出されたものによるもので、地震などはその結果から導き出された周期性に基づいている。

津波なども地質学などの分野では、地層の調査から過去に巨大津波が起きた可能性は観測出来るはずなので、原発の建っている土地に将来的に何が起こり得るのかは、大雑把に「想定」出来る。

有名なのが南極の氷を深くボーリングすると、大昔の大気の変化や多くの事象が読み取る事が出来るという事だ・・・

そしてそれも予言なのではなく、最近の研究では地球上の変化は物事によっては、何万年単位から比較的周期性をもっていることが明らかになって来ている。その中でも、今回の震災による津波などは本当に想定外だったと言えるのか。

メルトダウンと呼ばれる正式には規定の無い現象も、政府の発表とは違い、専門家たちは冷却機能が失われた可能性があるという事から、もう炉心融解は起きている思っていたとTVで言っていた。

政治の透明化を売りにした正義の見方をイメージ戦略にして政権交代を果たした現与党にしては、冷戦下や戦時中の情報統制バリの情報隠しの旨さには驚きあきれるが・・・

という事で、永きに渡り多くの人々が調査研究して得られた英知をフルに活用して、想定が出来る最悪な事象を想定して対策を考える事こそが、危機管理をする者たちの責務である。

想定が甘かったのは、無知なのか、面倒臭い事にならない為の故意なのか見分けはつかんが・・・

今も被爆放射線量の値で起きようとしてるのか、専門家の方の涙の会見を見てそう思った。
posted by WHO IS I ? at 20:28| Comment(2) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

ダウト

カードゲームにダウトと言うのがあるが、大人数でやると持ち札が少ないので、大抵場に出されるカードは嘘が多いが、中に真実のカードもやはりある・・・

TVで、今回の震災の復興のための財源が無いので、消費税などの増税はやむなしと政府は言っているが、実は探せば予算は捻出出来るはずと、今度は元官僚の人が言っていた。

官僚は一度手に入れたお金は決して、出したがらないらしい。

しかし、政府はお金が無いと言っている

 では一体だれがい嘘をついているのか。それとも嘘をついているのではなく、政府が巧妙に分かりずらい名目に計上してある、散らばっている埋蔵金を見抜けないだけなのか。

よくテレビで国会で元官僚の人や元官僚の議員が、官僚のやりそうな手口などの裏話を話すが、カードゲームでの手の内のように全ての裏の裏まで知りつくしている者の言葉にこそ真実があるのだろうか。

と言う事は、今現在に至っても、予算の組み方や原発事故の状況や事故発生時の隠された真実などは一体何処にあるのか、と考えると、ケネディー暗殺事件の真相では一般市民から見える状況と裏で行なわれたとされる真実とは凄まじく違っていたらしいが・・・

全くそれと同じように、大抵一般国民には真の真実は知らされる事は無く、自分たちに取って都合の良い真実のみがか知らされるのが世の常なのだろう。
posted by WHO IS I ? at 22:40| Comment(0) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

チャイナシンドロームを思い出した

 「専門家の人が今回の災害は1000年に一度のものだったが、頻度が低いが予期出来るものだった」と言っていた。

 今回で再認識したのは、本当に日本国の国土はプレートが密集している所にあるという事だ。

地球は10数枚のプレートしかないのに、日本は、北米プレート、ユーラシアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの四つのプレートの上に乗っかっている。

 地震は、地球表面の地殻の内部で岩盤同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くことで地震動と呼ばれる大きな地面の振動が引き起こされるので、地盤の面がずれる断層運動によって起こるものはプレートの境目に起きる。

 今までは震源地が狭いものだったので、救援、対策に余裕が持てた。

 しかし今回の地震は、プレートの境目の広範囲で起きている。

 SF「日本沈没」が架空の内容とは思えなくなった。彼はきっと日本国がゆっくり動き続けるプレートが激しく動き出したらと考えたのだろう。

 流石に自分が住んでいる国土に対して、不安定で脆いものだと思ったこともなかった。そこまで、不安定なものとは・・・
 
 それが原子力発電所に起きた。昔、映画チャイナシンドロームという中で、原子力発電所爆発の恐怖を描いていたのをを思い出した。
ここ(wiki)
チェルノブイリ原発事故の詳細はこちら(wiki)
こちら

 「絶対に沈没しない」を売りにして、本気で信じていたタイタニック号の如く、関係は記者の「最悪の事態のときにどのような対応をするのですか」という質問に「そのようなことはおきないぐらい安全な原発です。」というようなことを述べたとTVで言っていた。過信をしていた中、想定外の状況に為す術は考えてあるのか。

 理由はどうであれ、原子力と言うものを、人間の不完全な英知で完全制御出来ると思い込む事こそ無知なのだろう。 

 問題は、最悪の事態が起きた時、どうすべきかだ。

 最悪の事態は起きないと思った時点で、無策となる。

 日本は恐怖のシナリオを認めたがらない、イメージ優先の社会で、大抵最悪のシナリオは「酷い」イメージを与えるので忌み嫌う雰囲気ある。

 映画の中だけかもしれないが、アメリカは「レベル」によって対処案を想定していて、最悪のシナリオをタブー視することなく、客観的に対策を考えていく。

 日本人の情緒に「事なかれ」平穏を破る事への恐怖が根底にあるのだろう・・・

 しかしこれからは、なぜかどんどん酷くなっていく多方面にわたる現実をきちんと把握し、逃げることなく対処するには、どんなに怖い現実も、できる範囲で公開し対応策を改良していかなくてはならない。

 日本国の唯一の立法機関(立法府)の国会も不全、国政の中心を担う与党は党内ですら協力出来ない自己抑制能力が幼児なみの人員しかいない資格無きものたちが政権を担うと言い出した事で、それに巻き込まれた国民・・・

 今国民は本当に困窮してる。

 今の緊急事態は、人命救助といかに原子力発電所を大爆発させないようにするかだ。

 プライドを捨て、国民の命と安全を憂い、世界中に助けを求め最善をし尽くして欲しいと願う。

 もうそこまでの状態だ。
posted by WHO IS I ? at 13:46| Comment(0) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

国家予算が足りないと言うトリック V

 今ある独裁国家で混乱が起きているらしい。

 TVの番組の分析では、石油の生産が世界でも一桁の順位を占めていると言うのに、そのほとんどの利益を一族だけが得ていたという状況に国民の不満が爆発したらしい。

 そのきっかけはインターネットによる情報の共有によるものだと言われている。

 独裁主義国家と言われると、こちらも何か胡散臭いことをやっているのではないかと疑うが、先進国で民主主義国家と思い込んでいる日本国の場合はそんな事はないと安心しきっていたら・・・

 前にも述べたが、日本国の事実上の国家予算は220兆円で、そのうち国民に公表している一般会計と言われている予算は92兆円となっている。

 それで「いつもあたさん達(国民)に使ってやる銭が足りない。税金からの収入だけでは足りないので赤字国債まで発行までしてまんねん。」と言われ、年を取る事すら不安にさせられ、肩身の狭い思いをさせられ続けてきた。

 どこが足りんねん・・・

 と・・・

 気が付くのが遅すぎたのか、特別会計部門も採算の合わない好き勝手な経営で赤字にさせられているらしい(某分析情報より)

 知らぬが仏、しかし、知ったら・・・

 日本国の大きな誤算、少子高齢化による人口減少、産業の空洞化による日本国内の資本の流失は、比較的近年に解ってきたのだろう。

 それまでは「世界第一位の国じゃけんこの日本国は、ばんばん行こうぜよ。」と思いっきりやりたい放題やっとったのだろう。独裁国家よりも露骨ではないが、国民が気が付かぬよう、理解しにくいよう細心の注意を払い、合法的な名目を付けては巧妙に事実上のマネーロンダリングをしては山分けする。

 真面目で律儀なお年寄りは、生活できない年金で文句も言わずに日本国家を信じてきた。

 それでも今に至っても、国民に年金・医療費が足りないので消費税を上げさせてくれと哀願している。

 すべてを知っているくせに、何食わぬ顔でどうどうと言ってのける、それを言える者たちが日本国を運営している限り、こちら市民も「気が付く者たちが増え、真の革命者の革命を待つしかない・・・。」

 革命はいつも、「気付き」から始まる。

 日本国が滅亡寸前でも、握っている物を放さない者たちがいる限り、この国の再生などない。

 国家予算の使い道を正常に戻し、国民の手に戻る事が明治維新ばりの国家維新の始まりだ。この国は名ばかりの民主主義国家なのかもしれない。
posted by WHO IS I ? at 04:39| Comment(0) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

国家予算が足りないと言うトリック U

 ある記事からの引用

 【特別会計の見直し】
 
 国の歳入は、一般会計だけなら約80兆円だが、特別会計を含めると200兆円を超える。また特別会計の剰余金は、累計で180兆円以上に達している。歳入不足を増税で補おうとするのではなく、剰余金の取り崩しや、特別会計と一般会計の区分を見直すことも検討すべきだろう。

 やっと見付けた・・・か。

 日本国を救う、真の救世主、そおれとも聖域・・・なのか。

 日本国の財政赤字約1000兆円。一般会計の実質の税収入約37兆円なのに、支出を約92兆円も組んでいる。そのため足りない分を公債金による実質上の借金により賄う事になり約44兆円の借金を作っている。ここ
 
 もしこれを、他人に相談したら「無謀」と言われる。

 ではなぜ日本国は財政赤字約1000兆円になるまで増やし続けていたのか。というより平気でいられたのか。

 TVでは、現在、国民の貯金額が約1000兆円あり、それが海外から見ると国家単位での担保と見なされているらしい。

 しかしその逃げ道も、2015年辺りから高齢化や不況などに伴い貯金額が減少に転じ、財政赤字は増加していくために借金が担保額が上回ってしまう。

 その時が、年貢の納め時、日本の安全神話の真の崩壊か・・・

 と思っていたら、国家予算には「アクティブでないインジケータを隠す」=タスクバーの表示のごとく、故意か国民に気付くかれないように難解にしていたのか、「一般会計」のほかに「特別会計」というものがある。

 2003年、当時の財務大臣塩川正十郎氏が「母屋(一般会計)ではおかゆを食って辛抱しようとけちけち節約しているのに、離れ座敷(特別会計)で子供がすき焼きを食べている」とも評していました。

 当時は何を言っているのか解った国民はほとんど居なかった事だろう・・・

 しかし、今でも「裏の予算」と言われ、故意に表沙汰にならず、国会の答弁でもこの恐怖の聖域に触れた者はいない・・・ら・し・い。モバQ

 なぜなのか。

 触れた者は・・・

 米映画「エネミー・オブ・アメリカ」のウィル・スミス演じるロバート・クレイン・ディーンのような目に遭ったのか・・・遭うのか。とか。

 真の日本の救世主となる彼はこう言っていた。
 お題は「特別会計の廃止作業」
 ここ

 彼は日本の究極の聖域なき改革を行おうとしている。

 これが成功すれば、現与党の目玉商品「事業仕分け」程度の規模ではなく、本当の効果が出る。

 そうすれば、国民が生活可能な「年金支給」、不安なき老後、嫌味なきセイフティーネット、子育て支援など国民の念願が叶うのか・・・

 そうして初めて、ヨーロッパ並みの社会保障が実現され、ヨーロッパの国の人のように「貯金なんかあまりしません。」って言えるのだろう。

 「予算が無いから、消費税を上げさせて下さい。だってあんたさん達(国民)に遣う、金が足りないんでっせ。」

 「いやぁー、全てのカラクリ知っていたくせに、 予算が無いから、消費税を上げさせて下さいなんって、いくら国民が無関心か知らされていないからって、あんたさんら(与党)よく真顔で言えまんなぁ。お人が悪いでっせ。」

 「そういうのを、真の悪党もどきと言うんやろなぁ。」

 「裏の予算」から「国民」へ・・・

 これこそが、国家を変革し、国家を救う日本国がバッドエンドになるかグッドエンドを迎えるかの最後の秘法と言えよう。

 でも誰が命を懸けて、やる。やれるのか。
posted by WHO IS I ? at 00:00| Comment(0) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

預言

 いい未来を予言している場合は信じたいが・・・

 2010年の11月に某国で砲撃事件が起きた時に微妙に「戦争」を意識したが、それと同時に、過去にちらっと読んだ予言の事を思い出した。

 その時は、半信半疑だった・・・

 それは、ババ・バンガ(Baba Vanga)さん(1911−1996)というブルガリアで超常的な能力を持っているとされた、盲目の女性の予言内容で、彼女の事は日本ではあまり有名ではないようだった。

 逸話では、兄がヴァシル軍に入隊し戦争に行く準備ができた時、彼が23歳で死ぬので戦争に行かないことを懇願したが、最終的に拷問を受けた後に結局ドイツに降伏してしまったとある。

 また、彼女は予言で「ソ連の解体 、チェルノブイリ事故 、ボリスエリツィン大統領の選挙での勝利、スターリンの死の日付、ロシアの潜水艦クルスクの沈没、9月11日の攻撃」などを的中させたと言われている。

 驚きなのが、彼女は紀元5000年の未来まで予言したとされて、またその内容がブルガリアの田舎町の一般人女性が妄想で語ったにしては、SF作家にすら思いつかないようなとても超科学的な内容になっている事だ。

 彼女の予言は「Vamfim」という宇宙からの霊体のようなものから送信されている何かを受信していたと言われている。

2010年:第3次世界大戦は、2010年11月に開始されます。それは核兵器や化学戦争に進行する、通常の戦争となる開始。
2014年:戦争は2014年10月に終わる。

2011年:戦争の結果、放射性シャワーは、北半球のほぼすべての生活を破壊してしまいます。
2014年:戦争中に化学物質と核兵器の別の結果として、世界の人口の大部分は皮膚がんや他の皮膚病を持っている。
2016年:ヨーロッパは、ほぼ無人島である。

2018年:中国は新たな超大国になるでしょう。 T
2028年:新しいエネルギー源が発見れ、飢餓が克服される。有人宇宙飛行は、金星に向けて出発する。

 今のようにインターネットで簡単に、にわか仕込みの情報が入手できる時代と違い、逸話でヒットラーなども彼女に元を訪れていたといわれているような時代の人とは思えない内容に驚きだが・・・

 この内容がどうか現実にならないように、外交努力などで上手に問題解決してほしいと・・・

 願う。
posted by WHO IS I ? at 01:26| Comment(2) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

お国の家計簿 1

 今なぜウイッキーリークスが話題かと言うと、それは功罪はどうあれ政府が国民に「隠蔽」しているらしい情報を公開しようとしているからで、確かに知らないほうがいい情報と知らなくてはならない情報があるが、今までそれを勝手に決められていることにみんなが不審を抱いていたからではないか・・・

 ところで、日本国はどうか。

 官房長官の総理の「リーダーシップ」の押し売りという新しい形のサブリミナル作戦には流石に、魂消たが。

 大抵政府から個人まで、自分にとって都合の悪い事は言わない。しかしそれがお国になると困る事も多い。

 今までは国民が気が付かない事を良い事に的に進めてきた莫大な借金があるのに赤字予算を編成し続けてきたが、最近では日本国に約900兆円の借金がある事をTVでもやるようになってきた。

 それでも政権交代当初、現与党は国民を喜ばせる事のみを詰め込んだ福袋張りのマニフェストを実行出来ると思い込んでいた。しかしそれには莫大な予算が必要になるが、よく調べもしないでずーーっと、厳しい「事業仕わけ」で削って生み出せばよいと信じ込んでいた。公務員の人件費削減、独立行政法人などは無くすとか言っていたような・・・

 しかし結果は、法律などの壁があり新しい財源を見つけ出す事は出来なかった。

 なのに、次の選挙で政権を失う事怖さに、財源も無いのに「子ども手当」「法人税減税」「農家個別保障制度」「高速道路土日1000円」などどれも予算が必要な事案を、ちょっとずつ嘘つきと言われない程度に実行中だ。

 そのために、前与党の予算よりも10兆円程度増えた。しかし赤字国債発行額は抑えるとの約束した手前、増やせない分は文句の言いずらい微妙な増税を行おうとしている。

 日本人が弱いとされている、微妙に辻褄の合っているような事案を重ねられ聴いているうちに面倒くさくなってしまい、「まあいいっか」と言わせる作戦をとり、どうにか乗り越えようとしている。
 
 しかし、だからと言って歳入に合わない予算編成をし続け、足りない分は増税にたより、今回はお国のタンス預金である公共団体の余剰金にまで目をつけてきている最終段階に入ってきた。

 TVで有名なコメンテイターが言っていた。与党の中枢が、

 「この予算の組み方は、もってあと2回。後は破綻する。」と言っていたという。

 だ・ろ・う・なぁ。

 国家にとっても、お金の遣り繰りは「要」であり、資本主義国家の日本国はお金が息詰まってくれば全てのシステムが破壊する。

 でも高い国家公務員の人件費「子ども手当」「法人税減税」など個には嬉しいプレゼントだが・・・

 江戸幕府は財政難になってからも、大奥は贅沢三昧を続け、その費用は国家予算を揺るがすほどだったという。それを将軍吉宗は大奥の女中さんたちを再婚しやすそうな人からリストラしたという逸話をTVでやっていたが、いったい現代では誰が「お金を使うだけの人々」を速やかに社会に戻すのか・・・

 日本国の財政にとって、嘘と無理を重ね、思惑欲望私利私欲、選挙で勝ちたい欲が絡まり、いつまで経っても真剣に立て直そうとする者は結局はいない。

 しかし、いつか騙しも効かなくなり・・・

 観光の島国に・・・自給自足とか・・・

 このまま予算の困窮が進み極限状態になった「将来の日本国の様子」は、今明確に映像化されていないので、ピンとこないが。

 シュミレーションをしてみるとフランス革命時期の国民の生活水準にまでに、なっていたりして・・・
 
 やはり見た目は、外はもったり小春日和で気持ちいい。
posted by WHO IS I ? at 14:45| Comment(0) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

モノリス

 ずーっと気になり続けていた映画『2001年宇宙の旅』をやっと見ることが出来た。

 普通のストーリのある映画とは違い、意味不明で難解な作品というイメージを持っていたが、やっぱり解説でもないと一体何が言いたいのか解りづらい。

 この映画について他し・造てみたら、映画の中に登場する臓モノリス臓という物体に不思議な意味があるという事を知り、映画自体よりもモノリスという物に興味を持ったので存尊してみると、2009年の夏ごろにモノリスに非常に似ているという物体が火星にあると騒がれていたらしいことが分かった。

 NASAが撮影した火星の地表の写真に、長方形の一枚岩らしき物があることが判明し、イギリスの『DailyMail』、アメリカの『The SUN』の・くの欧米の大手マスコミ各村が伝えて話題となっていたとの事。

 この一枚岩は、自然が作り出したにしては人工的に作られたような形状をしており、映画『2001年宇宙の旅』に登場したモノリスに非常に似ているという。

 映画の中ではモノリスは地球外知的生命体が作ったものとされていて、その存在により生物を進化させることが出来る力を有している物らしく、映画を見終わってからその事を知って、「最初見たときにこのモノリスの意味の分かるもんはいないわなー。」と強く思ったが・・・

 つまり、神の啓示ともいえる 臓神の遺物臓 とされていて、こんな物にそんな意味があるとは・・・

 火星には人間の表情をした岩があるといわれていたり、本当は地球と同じような大気や環境で公表されている火星の写真はわざと色を赤くしたり偽装されているなど火星の真実の・子はまだ分からないが。

 今回の発見も、もしこのモノリスが人工物であるのならばこれは大きな発見であるが、一般損民に真相が伝えられる日はいつ来るのかは分からないが・・・

 実はこの2001年宇宙の旅は小説で、其いたことに3001年があると言う事なので、久しぶりに魂消た・・・

 大まかな内容を読んだが、あまりにも理解を超えたものなので、この小説が書かれた年代からしてよくこのような内容が書くことが出来たなーと感心し、もしかしたらこれこそ某宇宙人から聞いて書いたものではないだろうかと、一人妄想した。
posted by WHO IS I ? at 01:58| Comment(2) | 隠された真実もどき話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。