2014年02月24日

歴史は繰り返すのか 4

国会を聞いていたら、聞き捨てならない事が答弁されていた。そして悪いほうによく知恵がまわる。ずるくて抜け目がない。ことを「悪賢い」と言うが・・・

この見せかけ倒しのかすかなる景気浮上に酔いしれ、完全なるデフレ脱却による国民生活の豊かさを得たかのように錯覚しているのか、国民を幻惑しようとしてるのかは分からないが・・・

この機をもってして経済成長期に向かってきたので、国民の年金積立金の運用形態を高リスクのものにも向けていくと総理が言ったらしい。

それに比べ、国家公務員の年金積立金の運用は安全第一にされているとのことだ。国民は国家を信用して完全に任せ口出しすることもできないことをいいことに、そのような目立たない悪賢いことをするとは・・・

デフレ脱却の証として物価の上昇があるが、今回の場合は円安による輸入原材料の値上げによるものであって、景気回復によるものではない。売り上げ高上昇も4月の消費税上昇前の駆け込み需要の可能性もある。

賃上げ上昇を企業に要請しているとは言っても、数が上昇し続ける派遣社員の労働者にとっては賃上げ交渉の要求すら許されない立場に立たされている。

株価は上がった、物価は上がった、しかし円安で物価が上がっただけで賃金上昇コストが起きることによる物価上昇ではないので国民の生活は返って苦しくなりその上消費税も上がる、やはり思ったより経済成長率は上がらなかった。

それなのにもう、景気上昇の成長期に入ったので、国民の年金積立金を経済成長の助けになる不動産投資や元本の保証のない高リスクの金融商品にもどんどん配分していき、そのことによって景気浮上も目論むということだが、以前にもその名目で年金積立金をじゃぶじゃぶ巨大な土地を所有した宿泊施設やハイリスクの海外金融商品に使い、結果的に巨額の損失を出し、少子高齢化によってお金が足りないことにし続けていたという過去がある。

推測からして、国民の年金積立金を自分たちの遊び金程度に思っているのだろう。

民主党政権の自爆によって奪還できた自民党政権だが、奪還当初は過去の自民党政権とは異なり国民の意見に耳を傾け改革を志すようなことを口走っていたが、敵は完敗状態の中、かすかなる脱デフレ状態の兆しが見られただけで、これをもってして“傲慢”と官僚言いなり体制復活で、過去のやりたい放題、失敗は少子高齢化による負担からだと国民に恩着せがましい洗脳をし、過去のやり方に戻って目立たない悪賢いことをしながら国民が気がついたころには国家債務2000兆円という将来のシナリオが待っているのだろう。

か・・・
posted by WHO IS I ? at 12:42| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。