2014年02月14日

ソチオリンピック

朝の寒さがしびれると感じる時、テレビのニュースで見た札幌の女子高生たちが「今日はマイナス2度なのでまだ暖かい方です。」という言葉を思い出してみるが、歳と共に寒さは身にこたえる。

オリンピックと言えば、まずは開会式。その国の特徴と工夫が見られるので楽しみにしている。

今回はロシアなのでバレエや演劇の要素が中心で、最近流行りのボランティアによる市民参加を思わせるる創作的演出とは違い、プロ集団による完成された美しい演出が際立ってた。

バレエダンサーの方の動きは妖精のようで、人間離れした軽やかさには驚かされた。踊りの一つに、回転しながら動くと傘が開いたような衣装があったが、見ていると日本の妖怪「傘お化け」の様にしか見えなかったが、お国が違うので本人たちは全く思いもよらないだろうが・・・

開会式定番の、そのお国の「歴史」の演出だが、やはりお互いスルーしたい部分があるのだろうなと思いながら、ロシアの歴史をちょっと思い返してみたが、あの部分は、さすがにとか・・・

競技が始まると、一流のアスリートたちですらオリンピックとなると気持ちが動揺して普段の実力を出し切れないでいる姿を見ていると、強靭な精神力も実力のうちかと思われる。

日本も東京オリンピックを控えているので、他人事ではないが、過去のオリンピック開催国の中には赤字のつけに苦しむことになった国もあったそうだ。

祭りの後の静けさが寒さに変わらないように、浮かれすぎて運営には慎重さと丁寧さが必要だ。

いくらお金をかけても、オリンピックはたった一か月で終わる盆踊りのようなもので、その恩恵は長くは続かない、一瞬の高揚感と達成感は花火大会に似ている。

国民の憂いの種である老後の安心にお金をかけるべきで、一過性の気持ちの浮かれ程度でデフレの解消になど効果はゼロだ。

いつも同じお金の使い方、いつも同じ国民の憂いとずれた張りきり方と手法、高齢化は加速し、国民の不安は増大するだけで気持ちなど晴れることはない。
posted by WHO IS I ? at 10:32| Comment(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。