2013年10月26日

エクソシスト2

最近、高齢者を狙う 「母さん助けて詐 欺」など、良心の呵責すら存在しない者たちによる犯罪の増加がみてとれるようになってきた。

そんな中、昔 観た映画の「エクソシスト2」を思い出いだした。

この映画を観た当時は、悪の象徴としてイナゴが多く出るてくるが、イナゴの集団はとてつもない数で作物を食い尽くしてしまうため、そんなに困っているなら、佃煮にしてみんなで食べてしまえばいいのにと思ったっけ・・・

ネタバレ注意・・・

エクソシストから
イラクでメリン神父は、悪霊 パズズの像を発見す る。それは、十年前にアフリカで彼と死闘を交えた悪魔だった。パズズのターゲットは、映画の撮影のためワシントン に滞在して いた女優のクリスの一人娘であるリーガンだった。彼女は娘の異変に気付きはじめ、その声と形 相は怪異なものに豹変、荒々しい言動は日を追って激しくなり、ついには医者か らも見放される。

友人のバーク監督がクリス宅で殺害される事件が発 生し、キンダーマン警部補が捜査に乗り出す。娘が悪霊に取り憑かれ たと思ったクリスは、カラス神父に悪魔払いを依頼する。

悪魔憑きに否定的なカ ラス神父はリーガン自身からの救済のメッ セージを発見すると、悪魔払いの儀式を決意、大司教に許可を依頼す る。主任には、悪魔払いの経験があるメリン神父が選ばれた。そして二人の神父 は、壮絶な戦いに挑 む・・・

エクソシスト2より
ジ ョージタウンの事件から4年後、フィリップ・ラモント神父は師であったラン カスター・メリン神父の悪魔払いの調査をバチカンより依頼される。ラモント はリーガンの主治医ジーン・タスキン博士に許可を得て調査を行うが、博士の発 明した催眠術装置によりリーガンの中に再び悪霊パズズが浸食しようとしてい るのを発見する。

ラモントは、かつてメリン神父に悪魔払いで助けられたアフ リカの少年コクモが成長し、パズズの力を凌駕するビジョンを見る。リーガンを 救う方法を授かる為、ラモントはコクモに会うためにアフリカに向かう・・・

リーガンを救う鍵にな ると考えたコクモは、成長しイナゴを研究をしていた。イナゴというのは集団で行動し、物凄い数で作物を根こそぎ食い荒らしてしまう為に新種 のイナゴの開発をしていた。

イナゴの起こす悪の連鎖を断ち切るために”良いイナゴ”を開発して、イナゴの悪を無くすことが目的で、映画の中ではイナゴは悪の象徴として描いている。

相手がイナゴなので当たり前だが、良心の呵責もなけれ善悪の理屈も通用しない。その上、集団で悪の限りをし尽くす。

そんなイナゴの集団の中に良いイナゴを増やしていき、最後には集団自体を良い方向に導いていこうという思想は、人間社会での宗教の役割と同じであると言いたいのだろうか。

同じく人を導くという意味で、教育があるが、善意の行動のふりをするまでは教えることは出来て も、良心を持ち得る人間にまで育てることは難しい。
posted by WHO IS I ? at 00:25| Comment(0) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。