2013年08月31日

予言の旅 3 (ロズウェル事件)

人の口に戸は立てられぬと言うが、極秘情報の保護のために暗殺まで行われているものに、宇宙人の情報があるらしい・・・

久しぶりにUFOネタを調べていたら、ロズウェル事件が出てきた。

ロズウェル事件(ロズウェルじけん、Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニュー メキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍 によって回収されたとして有名になった事件で、墜落したUFOの残骸と三体の宇宙人の遺体と生き残った一人の宇宙人が回収され、墜落現場は二ヶ所だったと言うものだ。 (wikiへ)

最初の発見者の通報時は、軍も初めてだったせいか、素直に 「 第509爆撃航空群の職員が ロズウェル付近の牧場から潰れた「空 飛ぶ円盤(flying disc)」を回収した」 と発表し地元の新聞でも記事になったほどだ。

しかし、その後軍は「墜落したのは気象観測用の気球だった」と訂正している。

それなのに今でも、回収されたのはUFOと宇宙人だったと語り継がれているのは、地元住民の共通した不可思議な物体の話や人間とは少し違う遺体の証言や、その後に多くの極秘情報に触れた人々による機密漏洩において、やはり宇宙人であったなどの内容が言われたからだろう。

今でも真偽は疑われ続けてはいるが、本当に気象観測用気球だったと言う割りには、残骸の回収の仕方や目撃者に対する異常に厳しい箝口令などの様子から、ただ事だったとは思えない節がある。

そんな古い事件に対して、最近になって言われている証言は、その時回収されたグレイ(正式名EBE)と呼ばれている宇宙人は、実は未来からのタイムトラベラーだったと言うものだ・・・

漏れ出ている情報によるグレイの身体的特徴は、平均身長107センチ、大き過ぎる白眼のない黒い眼、とても小さな鼻と唇のない口、内臓は肺と心臓を兼ねたような一つの臓器に、生殖器らしきものはなく、皮膚は固くねずみ色のようで毛は生えていないなどと言われている。

手の指は四本で水かきらしきものがついているらしく、とても現代人の身体的特徴からはかけ離れているように思える。

が・・・ちと気になる事が。

これはババ・バンガの予言より
2033年:両極の氷の融解。海面の大上昇。
2111年:人類は生けるロボットに
2130年:水中コロニーの建設(同情的な宇宙カウンシルの援助による。)
2196年:アジア人とヨーロッパ人の完全混合
2273年:黄色、白、黒人種の混合による、新人種の誕生。
2279年:無からのエネルギーの創造。(真空あるいはブラックホール由来か。)
2288年:過去にタイムトラベルする。宇宙人との新たな接触。
とあり、ある証言によると死んでいた宇宙人は子供のようなきれいな顔をしていて東洋人のようだったと言うものもあった。

この事件の後、世界中で噂されている事件に宇宙人による誘拐(アブダクションと呼ばれてる)が行われているのではないかと言うものがある。

一般市民が宇宙人によって宇宙船に連れていかれて人体実験をされた後、記憶を消されて元に戻され、体内にはMRIに写る小さな金属片に見える部品の様な物が埋め込まれていると言う人々もいたり、催眠療法で記憶を取り戻して事件が明るみになるケースが多い。

アメリカ政府と宇宙人の間で極秘に取り引きが行われ容認されているとも言われているが、それが事実で彼らが未来人だとすると、高度な遺伝子操作で破壊された地球環境に適応する人体を作ったのはいいが、生命力の点で何かオリジナルのDNAが必要になったのだろうか。

その説が本当なら、現代人の人体実験を容認したのも分からなくはないが、ランダムでアブダクションされている方はたまらない。

実は筆者の右足の袋はぎにも、あるビデオで金属片が埋められてると言っている証言者と同じ様な傷痕がある・・・
posted by WHO IS I ? at 01:29| Comment(0) | 妄想予言考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。