2013年08月12日

予言の旅 1 (Xファイル)

同じ暑くても、湿度が高いと特に熱中症になりやすいとの事・・・

前から予言と言うものが好きで、興味を持ったきっかけは、やはりノストラダムスの大予言で、初めて知った時は感動した。しかし、知らない方がよい内容も多く、大抵、予言されている未来のシナリオは人類にとって幸福なものではないようだ。

Xファイルのある話に、高齢の謎の男がやって来て、若者がおこなっているある研究の関係者の命を次々と狙うと言うものがあった。実はその謎の男は、若い研究者の未来の自分だった。

その中で面白いのが男の動機で、「現在行っている研究が成功するとタイムトラベルが可能になり、その結果、未来が分かるようになってしまう。そのため、人々から希望が無くなってしまい、絶望だけになってしまった。だから、それを阻止しに来た。」と言うものだった。

まあ真偽のほどは分からないが、表向きタイムトラベルは不可能と言われているので、未来を知りたければ、予言に頼るしかないと言うところだが・・・

ノストラダムスの大予言の場合、最も有名な箇所は、第10巻72「1999年と7ヶ月 恐怖の大王が天から来る アンゴルモアの大王を復活させ その前後は火星が統治する(訳多数あり)」と言うもので、これは人類滅亡の予言ではないかと解釈され、ここにだけ注目が集中しがちだが、あまり知られていない他の部分があり、そこに他の予言と一致する不思議な偶然を見つけた。

そして妄想的な解釈をしては、 自分だけ不思議がったりして楽しく予言を見続けている・・・

自分も最初は予言集の方ばかりが気になっていたが、実はノストラダムスは「息子セザールへの序文」と言う文章を残している。その中で、「これは今日から3797年までの絶えざる予言からなっている」と語っている。

こちらは戦中にヒトラーも訪れたほどの的中率と噂された、ブルガリアの盲目の預言者であるババ・バンガの
予言から
◎3797年:この時までに、地球全ての生物の滅亡、しかし、人類は、別の星系で新生活の基礎を形成する。

偶然だが、両方とも3797年が同じで、予言の内容が地球上での人類滅亡の年であると解釈出来るように言っている。

ただし、現在に生きる人類にとってはあまりにも先のことで、その頃の文明がどこまで進化していて確認の取り様もないので、もし真実でも、知った所でどうしようもないが・・・

確かにそれが本当なら、Xファイルのドラマの中での未来を知ってしまった人々のように、絶望しかなくなってしまいそうだ。

posted by WHO IS I ? at 16:08| Comment(0) | 妄想予言考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。