2012年06月26日

背信内閣

契約の場合双方での条件が合意した場合に成立する。

ならば、有権者と当選した被選挙人の場合はどうか。

有権者が投票しようとするとき、その人が所属する党が掲げている政権公約を考慮に入れることが多い。それの実現を願って・・・

今与党の目玉だったのが、将来増加の見込まれる社会保障費等の足りない財源は、消費を上げずして、財政の無駄の削減から捻出できる。天下り全面禁止。などなどだった・・・

有権者側からみると、「おっ、やっと国民をかばい、自己に厳しい政治を取ってくれそうだなぁ。」と、かってに期待した。

しかし、もしここでこの夢のようなマニュフェスト(政権公約)を見てこの党に入れたとすると、ここに成立するのは契約ではなくただの信頼だ。

だからといって政権獲得後、自分達の都合で無かったことにしてよいと言うものではない。

それがまして、今回の現与党の選挙前のマニュフェスト(政権公約)の中で「消費税は上げません。」とはっきりと言っていたのにもかかわらず・・・

そして今回、マニュフェスト(政権公約)のことは、まるで無かったの如く、何一つそこに触れることもなく平然と「消費税を上げます。」と言ってのけた。

それも「国民のためだから。」・・・ときた。

「政治生命を懸けて。」国民の嫌がることをやり。「政治生命を懸けて。」国民の望むことはやったのだろうか・・・

確かに金額的には些細な額であったとしても、今回の決断に対する、苦境に立っている国民へのおとしまえとしても、国会議員の定数是正、公務員の報酬の民間レベル並の削減、箱ものの維持削減のための資産売却、天下りの根絶・・・やってみたけど、で・き・な・か・った。というのだろうか。ただし今回のように本気で「政治生命を懸けて。」やったのだろうか。

国政を何の改革も実行する事が出来なくて、ただ漠然と足りない財源は、国民からいたただきます消費税で・・・

だったら、知恵も工夫も要らないで、国民の民意を無視した改革無き悪政の起源となる法案可決となるだろう。マニュフェスト(政権公約)無視、国民の民意無視、謝罪なし、柔和温厚なる独裁者なる者の気づかぬがごときふりで国民への背信を実行しようとしている。

もしも、自分達のマニュフェスト(政権公約)を信じて投票した票=民意にそむくのであれば、どんなにあっせていても、解散総選挙をして民意を問いなすべきである。それが最低限の有権者に対しての礼儀である。

が・・・

ホラー映画上の「悪魔」と言う存在は、人の心を惑わすとき、恐ろしい姿ではなく、その心の弱みに付け込んだり、優しき者の姿に変わる。

政治家が国民の信頼を裏切れば、国民の政治不信を抱き、国家を律する上での、「威信」という国家運営にとっての要を失い、国家の見えない団結心を失う危機を招く。


posted by WHO IS I ? at 12:35| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ、おひさしぶりです。
皆さんほとんどブログを継続してないか、dionのところから出ていってしまってるみたいですね。
「たかじんのそこまで言って委員会」で宮崎さんが言ってました。約80年前の国会で自民党と民主党が同意して法案を通した。そしてそのあとにあの東条英機が現れて戦争に向かっていったそうです。今回はどんな悪いことが起こるのか心配です。
Posted by むっち at 2012年06月29日 19:12
むっちさんコメントありがとうございます。
勝手な妄想ですが、なぜか福島原発事故以来、少し疲れやすいような気がしています。
そしてむっちさんには貴重なコメントをしていただいてから、中々ブログを開かない状態が続き、ご返事が遅れると言う失礼が続き、申し訳ないと思っています。
歴史は繰り返すと言いますが、今回のケースとその八十年前の場合は似ているのには、景気不振など時代背景も似ているのかもしれませんね。

Posted by WHO IS I? at 2012年07月07日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。