2012年01月20日

映画 動乱






1980年公開の日本映画。昭和の出来事である五・一五事件から二・二六事件までの動乱の時代に生きた寡黙な青年将校とその妻との愛を描いたもので、第一部「海峡を渡る 愛」、第二部「雪降り止まず」の二部構成になっている。

 作品内容としては、主人公が主に二・二六事件に関って行くいきさつが中心で、ある意味では恋愛ものとも言える。

 映画の主題はノンフィクションだが、よく出来たフィクションのような映画だ。

 主人公の恋愛感や思想感を観ていると、今時の人には重すぎるほど重く、映画の表現にも時の流れを感じさせられた。

 高倉健演じる主人公宮城啓介大尉が隊長をつとめる、仙台連隊の初年兵溝口が、姉の薫が貧しさから千円で芸者に売られること知り、脱走したところから始まる。そして吉永小百合演じるその姉の薫が、宮城大尉の将来の妻となるその人だった。

 その二人の恋の行方は・・・

 歴史上の人物には二度と会えないので真の心情は永遠の謎だが、本編の解釈では、この事変は戦前の昭和恐慌の最中、貧困に苦しむ民衆とは乖離した軍や政治家の腐敗を正し、昭和維新と言う志を実現しようとした青年将校たちの決起によるものとしている。

 彼の恋の行方も心持も、現代人にはなかなか真似できそうにない世界観が、非現実の究極を呈していて胸に応えてくる。

 自己に封印された懐かしい何かが。

 そして彼らは思う。「このままでは日本は滅びる。」

 この言葉を聴いた時、今現実的な世界不況の中、日本もデフレ経財を好転できないでいる経済状況を抱え、少子高齢化と不況に基づく国家財政の建て直しに行き詰っている。

 別の意味で現実の日本社会も、危険な状態だ・・・

 あの時に比べてイデオロギーや人としての法的な権利は整ったといえるが、モラルや正常な心の崩壊なども同時に始まってきている。人々のモラルの低下は、ある意味で日常生活でも臨戦態勢で臨む必要がいずれ出てこようととしているが・・・

 涙が枯れても、人生に負けない気骨だけは持ち続けたい、と自分に言い聞かせている.
posted by WHO IS I ? at 23:38| Comment(0) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。