2011年07月21日

KAKUMEI

 本当にこの日本国は悪いのか。

 本当にこの国は変える必要があるのか。もし、変える必要があるならどこが悪いのか。

 世界の先進国の中にあり、戦後法治国家となった日本は三権分立を達した。

 現憲法が確立するまでには様々な紆余曲折はあったにせよ、この憲法には主権在民・基本的人権の順守という民主主義国家としての基礎理念がきちんと謳われている。人類の歴史では、絶対王政の時代などからここまで来るに、永い年月がかかっている。

日本国の最高法規に位置づけられ(98条)、下位規範である法令等によって改変することはできない。また、日本国憲法に反する法令や国家の行為は、原則として無効とされる。そして日本国憲法は全ての法律においての最高法であり、憲法に法律はどんなものであっても、憲法に違反するものは例外なく無効になる(違憲立法の審査による)。ということは、日本国に在住する全ての国民は日本国憲法に準じなくてはならない。

それ以上に何をするべきか。いや、変える必要などない。

 戦後、国民は崇高なる我が国の新憲法の元に教育を受け、憲法を遵守する事を教えられた。憲法の理念である、平和主義・基本的人権の尊重・国民主権に誇りを持ち、世界的にも戦争を放棄した平和的理念など結果的に非常に良い憲法だと思われる。

この憲法施行の以前は、日本国はこの憲法を持っている今と、この憲法を持っていなかった以前の日本とは確かに違っていた。

 色々な経過を経て、日本国はこの崇高なる日本国憲法を持つことが出来た。たとえどんな経過であろうとも結果的には良かったのである。

 現実的に起きる出来事と、国家として遵守すべき憲法が存在するということは、実際は相違はあるが目的として目指すものが素晴らしいということはそれだけでも価値のあるものだと思える。なんだかんだ言いながら、国家運営は憲法に基づいて行われる。

 組織改革やシステム改革は必要不可欠であるが、国家の根幹への革命は必要ない。

革命と言う名の亡国主導を見抜ける、新国防政策改革の必要性は・あ・る・が。

今日の国家の質疑を聴いていて、日本のジャンヌダルクを見付けた。

か。
posted by WHO IS I ? at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。