2011年03月16日

国家単位での支援物資の補給の必要性

 原発の対応も重要だが、それより重要なのは、被災者の支援物資が届いていない事による二次遭難の可能性が現れている事で、それは数日中に起こるらしい。と現地の人々が助けを訴えている。

 今回の災害は確かに広範囲だが、なぜか今までも大きな震災はあったものの、被災地へ水や食べ物など生きるために必要最低限度の物が届かないと言っている。そして、何故かガソリンも足りず、移動する事さえ出来ないという。

 何故以上に物資が補給出来ず、ガソリンすら手に入れられないと言うのか不思議だ。交通手段が破壊され様がなんだろうが、在庫が切れてしまえば、それ以上生きてはいけないので、国家が対処するべき事態だと思う。

 はっきり言って、自衛隊を数万人派遣すると言っていたのに、どうしてこうなるのか。道がダメなら、船などを空母など輸送手段を工夫して救援物資を届ける必要がある。このままでは第二次遭難が起きようとしている。自衛隊だろうがなんだろうが持っているガソリンや船等を使い、物資を届けなくては生きてすらいけないので、なぜそうなっているのか、大至急解明し、改善策を見い出すべきである。被災者が持っている在庫は後数日で切れるという。

 とにかく特別会計だろうが何だろうがでも使って、米や水ガソリンを輸入し、最低限度の国民の命を保てるように物資を確保する必要がある。

 もし、助かった人達が二次遭難でなくなる事があれば、日本史上最低最悪の無能無策無責任内閣として歴史に名を残す事であるだろう。国家主導とはこう言う時に本当に発動すべきものである。
posted by WHO IS I ? at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。