2010年08月23日

世界貨幣安

 いつからこの日本国は、バブルと言う幻想の好景気で超大国を買うとまで言われていたが・・・

 デフレと言うと、戦前の産業革命の頃の無関係で忘れられている事象と思っていた。

 TVで、今まだ世界中がリーマンショックと言われた世界同時株安から某大国のハッチャメッチャな金融商品連発があまりにも巨大過ぎる規模の景気の悪化以来・・・

 世界中のやったこと・・・

 通貨を発行して、イギリスなどは2倍にしたと言う。日本はまだ1倍を保っている。

 これからは経済戦争だ。

 景気がよくなるには、通貨量が上がらなくてはならない。

 しかし、通貨を発行すればするほど、薄めたカルピスのように価値はどんどん下がってはいく。

 だから貨幣価値を2倍に薄めたお金より、貨幣価値を薄めない1倍希釈の濃い方の円が買われ円高が起きる。しかし、日本企業にとっては円高はよくない。また日本国の景気は悪くなる。

 また、国民はお金を使わない。貨幣はどんどん貯められてしまいお金が市場に回らない。

 では、誰が通貨量を増やさない制限をし、権限を握っているのか。

 日銀だ。

 日銀の役割に、日本の紙幣(日本銀行券)を唯一発行している。その為「管理通貨制度」=日本銀行が刑期の動きに合わせて、貨幣の発行量を調節するという役割を持っている。

 デフレに苦しむ欧米諸国は、通貨発行量を増やして、ユーロ安、ドル安を故意に誘発して景気浮上を図っている。日本だけ対策を打っていないため日本企業にとって大打撃となる円高が進み続けている。

 通貨発行量は発行しすぎると、ハイパーインフレを招き、リヤカーで紙幣を運ぶ事になると言う究極の結果も招く可能性もある。しかし、だからと言って“調整力”も必要である。

 現与党は、長期的で行き詰まりを見せていた自民党政権に対するNOと言うメッセージと政権交代と言うものを行い長期の渡る巣食っている物事リッセトしたい願望が叶えたものだったが・・・

 現実は、官僚から学ぶことから始まるずぶの研修生集団を率いるピクミンとボスの様な組織だった。

 ピクミンはバラバラに行動し、支持が無いと動けない上に、官僚の方は経験豊富百戦錬磨のつわものどもで、ピクミンたちは「無視」と言う攻撃がやっとときている。

 自分では政治主導と言っているが、初めての海外旅行のように、官僚を使っていないだけで自分で勝手にやっている。すなわち何もしていない。口では命がけで頑張っていると言っているが、何も実行していなくては結果は出せない。

 でも現与党の今まで築き上げた「反自民、反旧体制、反巨大権力、自分たちは弱者の見方」と言うイメージは強く、ここに来てもなお庶民のための政治をしてくれる、白馬の王子様的幻想を抱き続けさせてくれる。

 とにかく日銀がなぜにそこまで、以上に通貨発行量を抑えすぎているのか説明させるべきである。

 今は医師も手術を行う際に患者に、たとえ患者に医学専門知識がなくてもきちんと状況を説明する時代だ。

 お高く留まっていないで、日銀は国民に納得のいく説明をし、この件は国民がその説明を受けなくてはいけない重大懸案だと思う。

 そして国民の方もどうしても、超専門分野になると「あっしは、こむ難しい事はにがたなもんでぇ。お偉いさんが一生懸命説明してくれても、めぇんどくさいだけでして・・・。」「第一、あっしらみたいなもんが口出しした所で、何変わるわけじゃーねえですし。」と日本国の国民のチェック機能は事実上皆無だし・・・

 なーんて、言っていたから、この国はずぶずぶになってしまったし、これからも浮上するネタもきっかけも無い。
posted by WHO IS I ? at 22:45| Comment(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ、円高で日本の経済が最低のときに、通貨である円は最強になるという皮肉です。

楽天の社長さんがいってました、今が海外企業を買うときですと。電気、自動車などの輸出企業は、M&M,企業買収を積極的にやるべきですね。
Posted by むっち at 2010年08月31日 11:03
むっちさんコメントありがとうございます。
企業のシステムによって、円高がマイナスになるケースと、円高をプラスに出来る企業があるらしいですね。
ただ全体では、株価が下がると言う状態なんでしょうか。
Posted by WHO IS I ? at 2010年09月01日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。