2010年03月13日

アカデミー賞

 今年の第82回アカデミー大賞授賞式が行われた。

 作品賞は今年から10作品がノミネートされるようになり選ばれた作品を見ると作品のタイプも増えたようで面白くなったように見えたが・・・

 その中でも注目されていた2作品は「ハート・ロッカー」と「アバター」だったが、その10作品の中に「第九地区」と言う作品が入っていたが、さすがに10個も作品を選ばなくてはいけないので、大雑把になっているのではないかと思った。

 そもそもアカデミー賞の趣旨自体アカデミーの歴史があまりにも古くて、よく分からなくなってきている上に考えた事もなかったが、一体どのような意味での優秀賞なのかも曖昧だ。

 毎年アカデミー最優秀が選ばれてみると、「えっ、それ。」と不思議に思う事も多い。まあ基準すらも不透明でよく分からない・・・

 TVで、最近ではわざわざ映画館に行くという観客数が減ってきている中、最新の映画技術である3Dを使っている映画は3Dが体験出来るという付加価値によって映画館での観客数が増えるのではと期待が高まっていると言っていた。

 確かに、映画を見ようと思えばわざわざ映画館に行かなくても高画質のブルーレイディスクなどのDVDで家でも鑑賞できるので、必ずしも映画館で映画を見たいと思わなくなってきている。そこで、3Dという技術は観客に映画館に来てもらうための救世主になるかもしれない。

 そういう意味では、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」は大掛かりな3D映画ということで、莫大な予算と時間と手間をたっぷりとかけて制作されたらしい。

 その上、制作に賭けた予算は話題性もあり回収できたそうなので大満足だろう。

 それに比べて、アカデミー賞受賞作の「ハート・ロッカー」は「アバター」とは対照的で、作られたようなストーリー性よりもドキュメントタッチを重視した作品らしい。

 しかし、と言うことは低予算、地味、よくあるようなありふれたストーリーになりやすく面白みはないとも言える。

 ただはっきり言うと、社会派の題材を取上げて問題を投げかけたいようだが、結果が読めてしまい、いい子ちゃんぶった作品にお決まりのように受賞させるアカデミー自体もお決まりの展開になってきていて、分かり易過ぎて飽きてきたが。

 まあさすがに「アバター」は内容は面白いかどうかは別として、綺麗な3Dの映像と先が読みにくいと言う意味でのわくわく感を体験する事が出来る。

 やはり3Dと言う技術は、CHANGEという意味では久しぶりの大きい変革になりそうだ・・・が。

 今回のアカデミーの最優秀賞の選び方を見ると、アカデミーこそ在り来たりの価値観を植えつけ続けているようで、進化した多角的な価値観を提案していくべきだと思う。
posted by WHO IS I ? at 23:50| Comment(2) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ、3D映画は劇場に足を運んでもらうためには画期的な方法ですね。臨場感も劇場のほうがいいですし迫力も言いしもってこいの方法ですね。
たぶん、ぼくの思い込みですが、過去に放送された映画を3Dに編集しなおして再放送するソフトも出来るんじゃないかな。アクションシーンの多い映画はきっと3Dを取り入れるかもしれないですね。
でも費用がかかるからその辺も考えないと出来ないし、むずかしいですね。
家でレンタルDVDを見るぼくとしては、考えせられます。
Posted by むっち at 2010年03月16日 10:25
むっちさんコメントありがとうございます。
最近はTVも3D化が進んでいるらしいですが、TVで体験した人の感想ではとても自然で驚いたと言っていましたが期待できる域まで来ているのでしょうか。
楽しみです。
Posted by WHO IS I ? at 2010年04月17日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。