2010年02月06日

ターミネーター4

 映画ターミネーターは1を観てから大好きなシリーズだったので、今回4が久しぶりに製作されたので楽しみにしていた。

 毎回、ターミネーター自体が進化するので今回はどんな新しい型が登場するのかと期待していたが・・・

 ただ監督がマックGと聞いて、何か不吉な予感がしていた。彼はどちらかと言うと軽いのりの娯楽的な作風なのでターミネターを違うものにしてしまいそうに思えた。

 CMでは電線より巨大なターミネーターが出きて楽しみだったが、今作を観終わってみるとバイク型、うみへび型ターミネーターなどが出てきて、監督はもはやトランスフォーマと勘違いしているのではと思えてきた。

 自分の中ではやはり3が一番面白かったが、4では主人公のジョンコナーよりも謎の登場人物マーカス・ライトの方が人間的に魅力があり目立っていて、ジョン・コナー役のクリスチャン・ベールがお人形のようで存在感に欠けていて今までのシリーズとはタイプが違う。

 新しいターミネーターなどの目玉が無く、内容も観ていて分かりにくく過去の作品の寄せ集め的な感じだ。圧倒的にターミネーターが弱く、無敵な殺人マシーンと言う恐怖感もなくゾンビ程度の怖さになっていて、ターミネーターの存在意味がなくなってしまっている。

 衣装も第二次世界大戦当時のナチス軍のような、ありえないコスチュームなど昔懐かしい戦争映画のようになってしまいワクワク感に欠けている。

 アメリカでも全米では『ナイト ミュージアム2』に1位を奪われ、初登場2位に留まったらしく、もうターミネーターと言うネタの限界がきているのだろう。

 それとも、監督の表現力のせいか。
posted by WHO IS I ? at 01:07| Comment(3) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ、シュワちゃんがターミーネーターを降りたのは知事になったからですし、体力的にもいっぱいいっぱいだったから、この役を譲ったでしょうね。まったく別物と思ってみたほうがいいですね。今までは主役が、シュワちゃんでターミーネーターだったが、ここからは、ジョンコナー役のクリスチャンベールになってるからね。クールすぎて面白みはないかもね。B級SF映画ですね。ぼくはB級SF映画は大好きです。
Posted by むっち at 2010年02月06日 10:23
こんにちわ、確かに、トランスフォーマーの雰囲気もありましたね。ぼくはどちらも好きでいいですね。SF映画B級作品が大好きなんですよ。
ターミーネーター4は、別物と思ってみたほうがいいですね。
Posted by むっち at 2010年02月17日 11:44
むっちさんコメントありがとうございます。
そうなんです、ジョンコナー役のクリスチャンベールがクールすぎて主人公なのにあまりにも影が薄すぎて、変な戦争映画のようになってしまっていました・・・
もう一つの主人公のターミネーターもあまり迫力がなく、いま一つ面白さがありませんでした。
Posted by WHO IS I ? at 2010年02月23日 03:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。