2008年03月12日

新銀行東京

 新銀行東京を設立した動機のひとつは“中小企業などの貸し渋り対策の為”だった・・・とか。

 いい事をしようとしたのだろうか。

 そして今・・・  

 東京都が1000億円を出資して設立した新銀行東京が、多額の累積赤字を抱えているらしい。

 3月10日の都議会予算特別委員会で明らかにされた所によると、月末の時点で285億円が焦げ付きになっているとの事・・・新銀行の20年3月期の累積赤字が1016億円になるとの見通しも示された。

 その上、この状態ままで・・・都は400億円追加出資をすすめようとしているらしい。人影

 この勇気ある名案に欠けていた事は・・・内需拡大など、予想よりも景気がよくならなかった事。

 よい結果を出せず・・・焼け石に水になってしまった。

 国内では少子高齢化、労働者の弱い立場に目覚めた企業などが労働者に所得分配をせず、消費意欲が低下し続けている。“お金”が無ければ・・・安心して消費は出来ない。

 政治、経済界などお国のシステムを決める者たちはセレブなので・・・この国の景気がバブル後“なぜよくならないのか”真からは、解決しようとはしていない。

 でも、今のままだと・・・ブラックホールの様に、この国の経済・人口・気力は萎縮の方向へエネルギーは向いていく。夜

 気持ちは分かるが、景気が悪いことによって起きている膨大な事象を“都民の税金”でどうにかしようとしても、この程度では無理なのかもしれない。

 元々・・・“営利”より“善意”を取ってリスクを省みないで利益をだすには、金融業界の中でも相当に高度な専門知識と手法が必要なのだろう。

 TVで、あるアメリカの投資会社が、株が暴落すると利益の出るシステムを使って、景気後退のこの今・・・巨額の利益をだしているそうで、サブプライム問題が騒がれる前から現在のアメリカでの状況を予想していたそうである。

 さすが、マジシャンのように素人とは手の内が違う。足

 多くの事象が複雑に入り乱れて、世界もひとつに繋がってきて、専門家と言われる人たちですら世界経済の行方の判断は難解で・・・

 営利目的に専念しても経営が難しいこのご時勢に・・・特殊な形態の新銀行東京の運営を黒字にするには・・・並みの人たちでは困難だ。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:36| Comment(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばんわーーー、猫爺です。

新銀行東京→うーん・・・・・、
      石原さんも引くに引けないのでしょう。  
      これ以上税金を投入して銀行経営を助けるのか?

      この問題は、
      これ以上税金を投入して道路を造るのか?
      と似てますね・。

      税金のムダ使いにならない方法を選択してもらいたいで      す。
      
Posted by 猫爺 at 2008年03月13日 20:21
猫爺さんコメントありがとうございます。
TVに映っている石原さんの様子を見ていると・・・
だいぶ無理がきている様な気がします。
新銀行東京も、そうなのかもしれませんね。
Posted by WHO IS I ?  at 2008年03月14日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。