2016年07月30日

能力主義

都知事選を行うことになった。

ところで前知事のスキャンダルは多く取沙汰され、詳細なことまで連日伝えられていたが・・・

では一体。都知事としての功績はどうだったのだろうか。

都民にとって、これから迎える東京オリンピックに使われる莫大な予算、思ったよりも増えない税収、思惑通り収入増につながりそうにもないオリンピック効果。

もしかすると。東京オリンピックの使用後の設備も長野オリンピックの後のように、廃墟施設とまではならなくとも、維持費を長期的に消耗する負の遺産にならないとも限らない。

東京都だけでなく、この国家全体も予算の立て方、権限の所有体勢、国家予算の使われる優先度と額は、本当に国民の将来にとって役に立つように使われているのだろうか。

今、話題の田中角栄元総理が日本列島改造論のすごいところは、ふつうは総理になることが一政治家の夢であり、たいてい任期の間のことに過ぎず、一生のうちで自分自身が元総理と呼ばれる立場に慣れたことに満足する程度である。

凡人にとっては、それだけて凄いことである。しかし、彼は並みの人間ではない。とても一総理の任期中などでは不可能なことではあるが、その当時抱えていた地方格差を解消し、しいては日本国というものを、地方を含めた全国土中を都市機能と同じにして、国土全体をフル活用させて国力を高めようとしていたのだ。

ある時代、世界中がやろうとした間違った方法での国土侵略なく、今ある日本国という国の国土内で実行しようとしたのかもしれない。

あの時代には世界中の誰もが、シンクタンクでさえ、現在の中国が経済的にアメリカと互角の力を持つ国に成長するとは考えもつかなかった。分かりやすく言えば、共産主義体制の国が経済的に価値ある国になるとは見ていなかった。

それなのに彼は、命を狙われながら命を懸けて、中国との国交正常化を実行した。

彼は、まるで、現在の世界情勢を見抜いていたかのように・・・

あの当時、戦後すぐに経済的に先進国であったヨーロッパの国々は、日本を含め、超高齢化に悩み、世界的な重要の飽和状態に苦しみ、賃金の低下、消費意欲の低下により国家自体の老朽化が進んでいいる。影響が経済活動にも出だしている。

今真実に目を向ければ、消費能力、人口出生能力を高く持っている若年層が貧困に苦しみ、実際に消費したくても消費できない事態に追い込まれ、逆に、いくらお金があっても出生能力も消費能力に限界のある高齢者の方が裕福なケースが目立つ。

また高齢者は若年層に比べて税収の割合が低い割に、税金の掛かる社会保障費を多く使う。

日本の人口の比率は年々、高齢者側にシフトし続け、高齢者割合が増加は、誰にも止められないだろう。

もしも今、彼が生存していたら、あの時代に日本列島改造論で述べていた能力をもってして、今、国家がやらなくてはいけないことを聞いてみたい。

彼の思いが実り、確かに、日本の果てまで道路は行きわたった。ただ、うまく活用されていないため地方格差は無くなってはいない。たぶん彼は、道半ばで失脚してしまい、次の施策案を持っていたに違いない。

幼き頃から、豪雪に悩まされ貧困に苦しんでいる地方の人々を見続け、その原因である地方格差を、どうにか無くして、地方の貧困を少しでも解消たいという 彼の執念と日本国土への強い愛国心は真実であったのだろう。

たとえ形は間違っていたとしても、国家を動かすのはとても大変なことであり、その時代により権力wの動かし方も違うのだろう。真剣を笑う、このご時世とは違う。

今の日本の次世代の課題に向けた、政治とは・・・

そして理想の政治家像とは。

自分のクリーンなイメージにのみ気を使い、国民を憂いているようでも嘆いているだけで、課題や問題をを解消する構想も国を動かすパワーも無い政治家だろうか。

が、しかし・・・

とても好感度は良く、自身の生活やお金にはとてもクリーンなイメージがあり、ただそれだけが売りの政治家ばかりを選ぶ国民側にもに、将来、日本国に必ずや起きる真の国家崩壊の危機は防げないのかもしれな。

それを、天命と言いながらただ受け入れているだけなのか。それとも、今の子供たちの中から、真の日本国の抱えている危機を、田中角栄のように強い信念をもってどんな反権力にも負けずに救世しようとする者が現れくれるのか。

やはり国家を救うのも、崩壊を止められないもの政治の力なのだろう。しいては有権者の賢さにかかっているのだろうか。
posted by WHO IS I ? at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする