2013年11月25日

歴史は繰り返すのか 2

今、某大国の覇権主義的な行為が続き、日本国を含むアジア諸国は冷戦時代ばりに緊張が高かまっている。

そのため外交国防機密を守ることは重要になってくる上、同盟国からも情報管理の遵守の必要性が要求されることが予想される・・・

そんな中、国会では特定秘密保護法案が成立されようとしていて議論が巻き起こっている。最大の特徴は、情報を漏らした際の罰則を厳しくすることとは言ってはいるが、公務員らへの脅迫や不正アクセスといった「特定秘密の保有者の管理を侵害する行為」で情報を得た場合も、最高懲役十年。公務員に文書の持ち出しをそそのかすだけでも処罰の対象になる。

情報を得た者に対して、情報公開を求めるという動機であろうとスパイ行為であろうと同じ扱いになるともいえる。

そのため処罰対象は記者に限らない。その範囲が際限なく広がっていき、調査活動をする市民や研究者、情報公開を求める民間団体なども罪に問われる可能性が懸念されている。文字通り、国民の「知る権利」にかかわる。

日本国憲法
第21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

に抵触する可能性がある重要な法案だ。

さらに問題なのは、どの情報を特定秘密とするかは、大臣などの「行政機関の長」の判断に委ねられることで政府のさじ加減で厳罰の対象になる情報が決まることだ。

大臣などの「行政機関の長」は常に善良で日本国憲法を遵守し自己防衛などの私的利益の考慮などのためによる決定などは決して行わないとは言いきれない。合議制でなく一人での判断が可能ならば、特定秘密とする判断の権限を与えられているものは独裁者と等しい状態に置かれる。

特定秘密とされたものは公開されることはないので、それ自体が本当に妥当なものなのか客観的に誰も検証することも反論することも出来ないからだ。

外交防衛に関する他国の思惑によるスパイ行為などにのみ監視が向くならばいいが・・・

実際、政府が市民を監視していた事例が明らかになっている。二〇〇二年には防衛庁(現防衛省)が、自衛隊に情報公開請求した市民の身元を調査し、リストを作成していたことが発覚。〇七年には陸上自衛隊の情報保全隊が、イラクへの部隊派遣に反対する市民運動を監視していたことが分かった。(東京新聞より)

とならないとは言い切れない。

{Wiki「憲兵 (日本軍)」より)
憲兵とは、大日本帝国陸軍において陸軍大臣の管轄に属し、主として軍事警察を掌り、兼て行政警察、司法警察も掌る兵科区分の一種。他方、憲兵は、司法警察権も掌ることから、 治安警察法 及 び治安維持法 等を、一般警察同様に一般国民に対しても適 用する立場であり、次第に反戦思想取締りなど、国民の思 想弾圧にまで及ぶこととなった。

曖昧な部分の解釈は権限のある側によって拡大解釈される。過去の歴史も学ばなくてはならない。人間の本性はそう簡単には変わらない。

感謝すらしなくなったが、最高法規である日本国憲法によって我々に基本的人権が保障されたのは歴史的には日は浅く、長い歳月がかかったことを忘れてはならない。

詳しくは東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/himitsuhogo/news/131004.html


日本国憲法
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j01.html#s3
posted by WHO IS I ? at 10:49| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

ダークサイドの教育

もしも自分が動物だったらどのような子育てをするだろうか・・・

人間の場合真っ先に教養を教えようとするが、動物だったら一番に危険の回避の仕方を教えるかもしれない。

動物によっては油断すれば、自分たちは何かのエサになってしまい、自然界では殆どの動物に天敵がいて、幼少の頃は全てのものが危険な状態にある。

自分達に迫る危険度が高いので、とても警戒心が強い。

人間は動物達とは違い、自分達は社会の中で人権と安全は保障されているように思い込んでいるが・・・

子ども達は学校でも善良な言動が求められ、一見平安と安全しか感じない状態におかれ、本心は問われることなく善良なる姿勢と思想が高評価されている。

しかし現在は幼少の頃からインターネットのお陰で、あらゆる情報が手に入り年齢制限をすることは不可能な状態となっている。

それでも人間社会は子ども達に善であることを求め、教育の場では現実的なダークサイドにふれようとはしない。

しかし犯罪の手口や犯罪者になってしまう者の社会的身分も複雑になり、数の多さと巧妙さは事実上野放し状態になっている。

人間社会も現実的にはジャンルと同じ位危険度は高くなってきてはいるが、実際には狙われたら守るのは自分しかいない・・・

動物だったらジャングルでは、お互いに良心無き獲物を狙うだけの敵に狙われ、警戒心なきものからやられる。

犯罪を犯す人間はただ動物より手口が巧妙なだけかもしれい。
posted by WHO IS I ? at 22:56| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

ファティマの預言 1

1916年 春頃、「平和の天使」と名乗る若者がポルトガルのファティマに住む3人の子供(ルシア、フランシスコ、ヤシンタ)の前に現れ、祈りのことばと祈り方を教え、1917年5月13日には「聖母マリア」と名乗る 謎の婦人が現れ、毎月13日に6ヶ月間同じ場所へ会いに来るように命じられる。

その後、子どもたちは聖母から三つのメッセージを受けたと言った。
1.死後の地獄の実在
多くの人々は罪深い生活や傾向によって、死後地獄へ導かれている。そこから回心(キリスト教で過去の罪の意識や生活を悔い改めて正しい信仰へ心を向けること)しないままでいると、死後、永遠の地獄へと行くことになっている。聖母は子どもたちに地獄のビジョンを見せ、地獄は神話ではなく実在し入ったが最後二度と出ることはできないと伝えた。

2.大戦争の終焉と勃発
第一次世界大戦は、まもなく終わるが、人々が罪を悔い改めないと、さらに大きな戦争が起き、沢山の人が死んで地獄に落ちてしまう。その前兆として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろうと伝えた。(1938年に非常に珍しい巨大なオーロラがヨーロッパで観測され、その直後、第二次世界が勃発した)

3.秘密
聖母マリアはこの内容については1960年になったら公開し、それまでは秘密にするようにとルシアに厳命したとされ、「ファティマ第三の秘密」と呼ばれている。しかし未だに詳細は明かされていない。
(「ファティマの聖母」wikiより)

聖母は「地獄に堕ちた哀れな霊魂は、そこに入ったが最後、二度と永遠に出ることはできないので、人々が永遠を理解することができたなら、彼らは自分達の生き方を変えるために何でもするでしょうに。」と伝えたらしい。

今まで「第三の預言」は明かされていないことは知っていたが、第一次世界大戦と第二世界大戦のことについてだけの預言とばかり思っていたが、意外にも地獄の部分の内容があることには驚いた。

特に「もし人々が永遠を理解することができたら・・・」という表現には真の恐怖が伝わったきた。

この導きは、流石だ。

しかしもし、地獄の存在が真実であった場合、全ての者が死んでからそのことが分かる所がしびれる。
posted by WHO IS I ? at 18:17| Comment(0) | 妄想予言考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする