2012年11月10日

misunderstanding

誤解・・・かってなる見解。

関係性は民法だが行為は刑法の管轄に該当する事象を民
事と解釈する事

いじめを人権侵害ではなく子供同士のコミニュケーショ
ン能力の向上の過程を見ること

教育放棄を自主性の発達を見守ることと錯覚する教育者

教育的指導を心の体罰と判断する保護者

無教育を自主性の尊重と思い込んでいる事

侵略に対する自衛行為を侵略行為と同じ軍事行為と思い
込むこと

未成年者の犯罪行為は対処方法がないと認識している事

民事とは刑法に抵触しないものを言うのであって、当事
者の関係性とは無関係であるという事

子供がやることは犯罪ではないと思っている事

言論の自由というのは自分だけにあって相手には無いと錯覚する事

迷惑行為、家族間の事、子供同士の事は全て、民事だと
解釈させようとする事

子供の心身に危害を加えている事としつけ、またその事
を勘違いして社会も認めている事

愛と自己愛

国債を国家収入のごとく使う事

自分の人権侵害は理解できるのに他者の人権を侵害する
ことを本当に理解できないこと
ets・・・

微かな違いが時間の法則で進んでいくだけだでは、進めば
むほど差は大きくなって行く。

最後に、修正しなくてはいけないのに修正個所はないと思っている事

修正できるのか・・・
そして、誰がやるのか。
posted by WHO IS I ? at 09:42| Comment(0) | 勝手なる妄言・広大過ぎる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。