2008年02月29日

農薬ギョウザ事件  〜その後〜

 春一番が数日続いていたが、やっと風が止んだ・・・

 朝、久しぶりに“農薬ギョウザ事件”についての報道をしていた。

 28日に、冷凍ギョーザ中毒事件について中国の公安省が初めて公式会見をしたそうだ。
 
 結果は・・・中国公安省刑事偵査局の余新民副局長が28日、北京で記者会見し「有機リン系殺虫剤メタミドホスが中国国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を発表した。製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の生産管理は厳格で、工場内での混入は困難とし、従業員についても「毒物を入れた嫌疑のある人物は発見されていない」との発表だった。

 一方、日本側は・・・現時点では、未開封のギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された事実などから、天洋食品の工場など中国内で混入された可能性が高いとみているとの事。

 と、なると・・・日中の主張は食い違っている。日中双方の見解は大きく隔たり、真相究明はさらに困難な様相を呈してきたらしい。

 普通、意見が食い違いお互いの主張を通し続ければ対立が起きる。それがエスカレートすると、感情の問題になりやすく、ましてや国単位となれば影響も大きい・・・

 内容は全然違うが、映画ブラックレインでは日米の捜査のやり方や考え方の違いを描いているが、事件の真実よりも、国の威信などの国家間の壁が捜査の進行の足を引っ張っていく。

 国がかかわるとと他の概念や思想が入りやすく、人間の固定概念を付け加えてしまう。事件の真実追求ということ意外に、マスコミも巻き込み国家間の先入観や駆け引きなどの思惑が交錯してしまいがちだが・・・

 究極の人間という地球上の生物の種で見たら・・・事件の真実はどうなのかが大切だ。政治問題や他の問題に摩り替えて真実が不透明になればなるほど、喜ぶのは真犯人だ。

 名探偵コナンがよく“真実はひとつ”と言っている事につきる・・・と、妄想した。
See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:57| Comment(0) | テレビ・ニュース・新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

映画 遊星からの物体X The Thing

 土曜日に春一番が吹いた後、また寒さが戻って来た・・・台風

 映画“遊星からの物体X”について調べていたら、この映画は“遊星よりの物体X”のリメイクという事が分かった・・・と、言ってなんでもないが。

 この映画は1982年製で、初めて見た頃はSFXなどない時代だった・・・懐かしい。今見るととても古い映像に見える。でもアホなぐらい純粋な心に、その当時はとても怖く感じた。そういう時代だった。

 だから、ほとんど怖くて映像を見ていなかったので、主演がカート・ラッセルだったと言う事にすら気が付いていなかった。

 カート・ラッセルというとTVゲームのメタルギアソリッドのスネークのモデルとなったと聞いてから、それ以来、自分は注目して見るようになった俳優さんだ。

 そしてさらに、1951年製の方の“遊星よりの物体X”の映像をgoogle videoで見てみたら・・・物体Xを見るからに人間がやっていて、物凄く古かった。

 ちなみに、噂では2009年にリメイク企画が進行中だそうだが、映画ゾンビはリメイクして最新の映像にしたら面白くなくなってしまったので、何でも新しくすればいいということでもなさそうなのでどうだろうか・・・カチンコ
 
 これも、そうならないことを祈るが・・・

 ただ面白いのが、この映画の続編がPS2のゲーム“遊星からの物体X episode2”として出ているとの事で・・・内容は、この映画の続編ということになっている。

 最後のシーンでは・・・基地を全て破壊した後、カートラッセル演じるマクレディとチャイルズの二人だけが生き残り、人間に同化してしまう宇宙生命体に乗り移られているかお互い疑心暗鬼で、この後どうなってしまうのか分からないという印象的な終わりだった。

 この後一体どうなるか、とても気になっていた。ビール

 それが、分かって変な意味で、スッキリした。
posted by WHO IS I ? at 00:35| Comment(6) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

UFOが、出たの・・・か

 寒い風の吹く、晴れの日が続いている・・・晴れ

 “UFOの正体は訓練飛行の戦闘機と 米空軍”(CNN)・・・ちょっと遅れて、久し振りにUFOネタを見つけた。

 記事にはUFOを見たと語るアメリカの男性の写真が載っていた。米のテキサス州で1月の初め、住民から「未確認飛行物体(UFO)を見た」との報告が相次いだらしい・・・

 UFO騒ぎがあったのは8日夜、中部スティーブンビル近郊で夜空を横切る光が目撃された為、事件の真相について全米から注目を集めていた。

 その後、空軍予備役によると目撃情報のあった午後6時から8時にかけ、同市近くの訓練空域で、F16戦闘機による訓練飛行が実施されていたことが判明したという。軍報道官は当初の発表について、「内部連絡の行き違いによるミス」と説明している。

 しかし、空軍は当初、「目撃情報のあった時間帯に空軍機は飛んでいなかった」と発表していたらしい・・・ 夜

 大昔・・・1938年(昭和13年)、アメリカでオーソン・ウエルズが脚色と台本を担当した“火星人来襲”と言うドラマを、ラジオでニュース放送のような雰囲気で放送し始めた。

 すると、それを本当のニュースと思い込んだ人々がパニックを起こして大騒動になり、午後8時15分〜9時30分の時間帯に放送されたラジオドラマが全米を大混乱に陥れたという大事件になってしまった。

 その後、この事件は“もし、国民が地球外生命体の存在を知ったらどの様に反応するか”と言う事を当時の政府が行った実験だったのではないかと“うわさ”されている。

 それ以来・・・きっと、人間は地球外生命体の存在を現実に突きつけられると・・・大、大パニックになる。

 と、思い込んでしまったのだろう。

 だから、きっと、どんな事があっても、果てしなく無理があっても、目撃者が大勢過ぎて映画メンインブラックのアナライザーのピカッで全員の記憶を無くさせる事が出来なくても・・・絶対にUFOとは、認めない。だろいうと、こちらも、疑い続けている。

 しかし、あれから70年が過ぎた。人影

 もし、本当のUFOだったとして・・・今ここで、アメリカ政府が“そうですUFOに間違いありません”

 などと、政府が正式に発表しても・・・

 意外と、民衆は・・・“へーー、やっぱりUFOだったんだね”

 その程度の反応だったりして・・・

See you again !

2008年02月19日

ゆとり教育の正体

 人は、厳しいより“楽したい”生き物だ・・・

 がんばらなくていい“好きにしていい”というのをPCまで好き勝手に“好きに指定医”と変換した・・・

 と、言われれば・・・無理して苦しむやつなどいない。

 と、“ゆとり教育”は子供たちにそう言った。

 昨年12月下旬、福島県相馬市から県立相馬高校の2年生14人が、元文部大臣の有馬朗人氏(77)を東京に訪ねてやってきた・・・という記事を見つけた。

 生徒たちは研究発表の資料を携え「学力低下の要因の1つは『ゆとり教育』」「授業で習うことが社会で役に立たないから、学習意欲・関心が低下している」「教員の質も問題だ」。資料には有馬氏を詰問するかのような学力低下の“分析結果”が並んでいた。

 物理学者で東大総長も務めた有馬氏は、平成8年に「ゆとり」「生きる力」を打ち出した中央教育審議会の当時の会長で、「学力は下がっていない」ときっぱりと反論する有馬氏に、生徒は目を丸くした・・・との事。

 “ゆとり”とは、誰の為・・・になのか。高齢化している教員のためにやる事を減らし、職務を楽にする為か。学校での学習レベルを下げて、学力低下にならないようする為には、みんなを塾に行かせて国おこしのためか。謎は深まる。

 むかしは公教育の教科書のレベルは高く、真剣に学習すれば塾や家庭教師などの力を借りなくても、高い学習内容を習得出来た・・・すごいお金をかけなくても“偉い人”になれた人も一杯いた。

 しかし、“ゆとり教育”制度による最高のカリキュラム自体が“低く”設定されてしまっている公教育だけを受けているだけでは、大学などの高い教育を受ける機会も得られないとなると・・・

 はっきり言って、“お金”が無いと“何にもなれない”という事になる。

 お国が作り出した、“格差”が、見えない身分制度をつくり出していくのか。がんばる気があっても物理的な経済格差という壁を、子供たちに突きつける事になる。

 憲法にある、学問の自由とは・・・

 国の端っこで・・・“許さない”と一人叫んでも何も変えられないが。

 いつもの事だが、頭の中にフランス革命の頃の身分社会の恐怖のイメージが浮かぶ・・・国民の貧困層が食糧難で食べるパンも無い時に、真偽は諸説あるらしいが王妃マリー・アントワネットが、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったとされる逸話が思い出される・・・

 戦後どこまで民主主義が成熟したかは分からないが、今の時点で何世紀むかしに逆行してしまっているのか・・・もう分からない。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:55| Comment(2) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

映画レオン

 空は快晴、だけど風はまるでスキー場にいるかの様に冷たい・・・台風

 映画レオンを久し振りに見た。もう、何度も見た好きな映画だ。

 この映画はリュック・ベッソン監督の1994年の映画で、当時、話題になった。“レオン”の悲しいまでの純愛が、心に響いた。L・ベッソン監督の映画は、リアリティーというよりもいかにもあり得ないアニメ的ハードボイルドが多く、主人公が魅力的で面白い・・・

 レオンは、とても優秀なヒットマンだが一人ぼっちの物悲しい薄幸の中年男。

 そんな孤独感ただよう男の元に、分けありで子供なのに非常に大人びてキュートな美少女が人生の中に迷いこんで来る。バー

 孤独で不器用なレオンは、その妙に魅力的な美少女に母性本能を抱き、12歳の少女マチルダとの間に究極の純愛が芽生え、勢力と2人の戦いが描かれている・・・

 その美少女は、大都会の片隅で過酷な生い立ちのせいで12歳にしては成熟な心の持ち主で、だんだんと、めっちゃくちゃ年上のレオンに、仮想的な母親や恋人代わりの様な恋慕をレオンの心に抱かせるようになっていく。

 古い映画にはよく、内容よりも映画音楽の方が心に残っているものも多いが、この映画の主題曲スティングのShape Of My Heartという物寂しい美しい曲も、孤独で、いつ殺されるか分からない行き場のない2人の境遇のイメージと重なっていて胸に響く。

 薄幸な美少女の運命は・・・

 そして、この内容を、どこかで見た様な気がしていたら・・・

 この映画は、1980年の映画グロリアという内容が原点になっていると言われている。グロリアの方は、女性グロリアと少年との交流が描かれていて、ジーナ・ローランズ演じる元マフィアの情婦グロリアが下手な“男”よりも粋で素敵に描かれていた、いい映画だった。リボン

 愛の美しいひとつの形を、見た。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 04:49| Comment(6) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

蘇民祭

 節分以降、寒い中にも、かすかなる春の気配が・・・ー(長音記号1)ー(長音記号2)

 “蘇民祭”というお祭りの中で、全裸で行う儀式の部分が問題になっていて、警察なども介入を考えているとの事。

 岩手県南などに伝わる正月や旧正月の伝統行事だが、奥州市が制作したポスターをJR東日本が「不快感を与える」として駅構内への掲示を拒否したことが、全国的に話題になり、かえってこの祭りの存在を知った。

 実は、蘇民祭は日本全国に分布していて、特に岩手県黒石寺の場合は蘇民将来の護符を奪い合う形態をとっており、一千年以上の歴史を持つといわれ・・・記録保存のために国指定無形民俗文化財となっているそうだ。

 黒石寺の蘇民祭・・・無病息災などを祈り、裸の男たちが厄よけになるといわれる蘇民袋の争奪戦など「裸の男と炎のまつり」として知られる。もともと参加者は全裸だった。

 戦後は下帯着用が広がった・・・が。

 しかし、一昨年、祭りに参加した複数の男性が全裸を誇示して境内を歩き回る様子がインターネットで流された為に、水沢署が下帯着用を徹底するよう強く要請する異例の事態に発展したらしい。

 むかしから、“全裸”を公開する時に、“ワイセツ”ととるか“芸術”と捉えるのかという論争は絶える事がないが・・・

 究極には、受けての“脳みそ”の判断が真実という事だが、1978年の映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間」の中で出てきた、マモーがルパンに使った、人が脳みそで考えている事が映像になるという機械でもなければ、お互い、“それ”を見た本当の感想は分からない・・・夜

 だからこそ、この窮屈な現代の監視社会に唯一残された、自分にしか分からない“脳みそ”の中身ぐらいは、自由が残っていてほしいところだ。

 と、いう事で・・・TVでの取材では、お祭りの儀式を行う方たちは、昔からの“清め”の風習なども実行されたりなど、きちんと準備をされ、厳正な思いで望まれているそうである。

 “お祭り”と“裸”を、“祈り”にまで高めるのは、やはり、参加者の心なのだ・・・と、感じた。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 06:15| Comment(2) | テレビ・ニュース・新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

スパーチューズデイ

 久し振りに、寒さがやわらいだ・・・

 今、アメリカでは大統領選の候補指名争いの真っ最中で、ついこないだ、20州以上が予備選・党員集会を開催する「メガ・チューズデー(2月5日)」で盛り上がっていた。モータースポーツ

 アメリカの場合、大統領になるまでにはいろいろな準備とお金が必要で、約2年間にわたって戦われるらしい・・・並みのやる気だけでは、なかなか通用しないだろう。

 国民も自分の支持する候補者に対する活動など、お祭りの様に見える。

 それに比べ・・・

 地球儀をぐるぐる回すと、日本と言う国がとても小さい事が分かるが・・・だからと言って、日本の内閣総理大臣が決まるまでが、あまりにもどうでもよすぎる。そして、国民に分かりずらい。

 今回などは急な安部元総理の退陣を受け、大混乱の中、ひょーと福田総理に決まり、“総理という職”がなりたいものから、いわくつきのようなものに、なってしまったような・・・

 こないだ国会中継を見ていたら・・・議員の質問に答えている場面では、総理がいやいや早口で何かを読みながら答えていた。

 一方、大統領選の方は、ただの民主党の候補者指名争いでの一喜一憂で、ヒラリー候補が涙する場面まであった。1月末には選挙運動費用の不足を補うために自己資金500万ドル(約5億3000万円)を追加したとの事。現在ヒラリー氏は60歳と言うことだか、どういう意味でも泣ける情熱が凄い・・・

 きっと、大統領になると・・・あんな事やこーーんないい事が待ち受けている為なのかも知れないが、物凄い“ヤル気”だ。バー

 情熱の感じられない福田総理を見ていると・・・日本の諦めムードの最先端のように映る。

 まだ国会の中で、居眠りしていないで起きているだけでもいい方か・・・と、こちらもユルーっと、国の唯一の立法機関国会と言う厳粛な場で、昼寝をする気分を空想してみたが。ビール

 どういう時の居眠りも、眠い時は気持ちいい。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:20| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

火星の秘密

 NASAが撮影したとされる火星写真に人影の様な物が写っていると、TVのニュースでやっていた。

 1月23日にイギリスの新聞が報じたらしい・・・しかしこれは、2004年に無人探査「Spirit」が撮った火星写真と言われていて、なぜこの時期に報じられたかについても、様々な憶測が飛んでいる。

 ちょうどTVでこの写真を見たが、火星らしき砂漠の岩の上に緑色の女の人が座っている様な形の物体が写っていた・・・リボン

 その記事をサイトで調べている内に、火星に関しては、いろいろな真実が隠蔽されているのではないか・・・と言う事が多く言われている事を知った。

 確かに、月や火星に関する宇宙の事を知るには、NASAからの情報ぐらいしかなく・・・一方的な情報だけで、火星とされる写真なども、いつも“赤い空”と“砂漠”の風景が広がり、高度な生物などは存在していないように感じさせられている。

 明かされている写真を検証しているサイトによると、本当の写真には緑や集落の様なものがあったり空も青かったりして、地球の環境を思わせる様な姿だそうだ。

 推測だが・・・あの打算的なアメリカが、火星の探査にかける労力とお金のかけ方が莫大なのが気になるところだ。

 大雑把に太陽系での地球と火星の位置関係を見るとほぼ同じぐらいの位置にあり、太陽系の外側からしだいに星が冷えて安定したとすれば火星の方が歴史的に先に文明が起きていたとしても不思議ではない。

 ところで、火星の表面の重力の強さは地球の40%ほどで質量は地球の約 1/10 、火星の自転周期は地球のそれと非常に近く24時間39分35.244秒で、大気は希薄で地球の平均値の約0.75%に過ぎないとの事。三日月

 宇宙分野の科学者が聞いたら生身の人間が生活できる可能性なんかある訳が無い・・・って、笑われるのだろうけど。

 でも、地球人は無理でも、火星にいる?火星人という者達からすると適した環境なのかは分からない・・・と、火星人の存在が分かる日を楽しみにし続けている。

See you again !

2008年02月05日

弁護士から知事へ

 1月27日投開票の大阪府知事選で、タレントで弁護士の橋下徹氏(38)が当選した。

 彼は平凡な弁護士というよりも、ワイドショーやバラエティー番組に多く出演していて、肩書きにタレントが付いている・・・

 表向きは無所属と言うことだったが、自民府連推薦、公明府本部の支持があったと言われている。

 一方、民主党が党を挙げて支援した元大阪大大学院教授の熊谷貞利氏(63)も無所属で、民主、社民、国民新党推薦を受けてはいたが、敗北してしまった。

 
 橋下氏は無党派の約5割を吸収したとされ、彼の場合は、単純な与党VS野党という票読みの結果というよりも、潜在的な人気もあったのかもしれない・・・が。

 年齢の割りに、かわいらしく憎めない雰囲気の反面、これから議会や役人などとの戦いが待っている。
 
しかし、法律界での駆け引きでは百戦錬磨を乗り越えてきているので、意外と能力を発揮できるかもしれない・・・
 
 しかし、政治のどのリーダーもぶち当たるのが、民主主義と言う壁である。

 悪い独裁者は困るが、一転して“良い”改革を行おうとしても議会で決定しなくては、案が実行に移すことが出来ず、究極には結果として・・・何も、変えることは出来ないまま任期を終える事にもなりかねない、恐れがある。

 選挙前のTVでの街頭インタビューでは、おばさんなどが、「夢がもてそうな気がした。」「お年寄りを大事にしてくれそう。」などの意見もあった。

 投票するに当たって、有権者の考えとしては、誰がなっても同じようならば・・・

 いつもように、かってなる妄想型推理だが・・・東国原知事のように、まずは注目されるし、地味で面白みの無いよりもどうせなら面白いほうが見ていても楽しい。その上、TVで取り上げられるし、きっと実行に移すのはいろいろな事情で無理なような気はするが、なんとなく情熱とやる気を感じたのだろう・・・か。

 確かに現時点では、早速当選後、寝ないでTVのインタビューが殺到しているらしい。

 投票層の分析結果は・・・自民支持層の78%、公明支持層の94%が「橋下氏に投票した」と回答し、「支持政党はない」と答えた無党派層でも50%が支持、民主支持層にも26%も投票していたとの事。

 早速、インタビューで「原則、府債発行(借金)は認めない」と明言しているが、今まで通りの予算編成だと府幹部は「3300億円を一体どこから捻出(ねんしゅつ)するのか」と困惑した意見を述べていた。

 いくら夢が本気でも・・・現実が見えてくると、不可能という“茨の道”のいばらが絡まっていて、それを取り払っているだけで、任期が終わってしまいそうだ・・・が。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:15| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

チャイナ・フリー PART2

 千葉、兵庫両県で昨年12月以降、中国製冷凍ギョーザを食べた人が吐き気や下痢などの中毒症状を訴え、日本たばこ産業(JT)が中国から輸入していた物から、毒性の強い有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出されたとの事・・・

 サリンの方がメタミドホスと比較して桁違いに毒性は高いが、メタミドホスはサリンの中毒と同様の症状を発生させるらしい。

 有機リン系農薬「メタミドホス」では、中国本国でもここ数年中毒事故が相次いでいて死者も出ている。中国政府は昨年1月から同農薬の販売と使用を全面禁止しているが、事故はその後に起きてる。

 その上、現場で農薬を扱う農民たちのほとんどが、農薬についての基本的な知識を持っていない実態もあるらしい。

 前にも調べたが、中国製品ナシということを“チャイナ・フリー”と言うらしく、2007年7月頃からアメリカ合衆国内で使われ始め、特に米国の健康食品会社などは、自社製品に「CHINA FREE」と記したシールを貼る程にまでなっている。

 最初は、いくらなんでもそこまでしなくても・・・と、思っていたが。

 今までは冷凍食品などを選ぶ時、綺麗な包装紙を見て美味しそうなので食べてみたいなと思った物を、何の疑いもなく買っていた。

 今回の事件をきっかけに冷凍食品を調べたら、TVで報道された回収対象商品があった・・・ただ、どこにも“中国製”の文字は無く、今回の事が無かったら今でもなんとなく日本製の物かと思い込んでしまう。

 回収されている商品の中には、ファミリーレストランや飲食店にも卸されていた物もあったらしく、そうなると、これからも料理済みで出されてしまったら何が使われているか本当に分からない・・・

 という事に、いまさら気が付いた。

 以前から残留農薬の事は問題になっている事は知っていたが、本気で考えていなかった・・・

 でも、これからは、真剣に考えなくては・・・考えてもダメだけれども。

See you again !
posted by WHO IS I ? at 00:18| Comment(4) | 食べ物・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする