2007年08月31日

世界遺産メキシコシティー・・・

 NHKで再放送の世界遺産を見た。体力的なことなど若い時と違い、もう、ほぼ一生、決して行く事のできなさそうな国や場所の旅行記をTVで見るのが好きだ。

 アマゾンの奥地など冒険はしたいけど、水や伝染病のことを考えると個人では行けない。言葉、法律、使える武器などは各地で違い、紛争地域は命がけになってしまい危険な地域も多い。

 メキシコシティはアステカ帝国が栄えた所で、遺跡が残っていて、その後植民地になってから教会がつくられ、壮大な歴史を感じる。

 特に、聖母像への信仰が現在でもあつく、部屋にも聖母像を飾って、祈っている。見ているだけでも、心を安心させて癒してくれそうだ。

 そして、聖母像は何も言わず、祈っている人たちの心を静かに受け入れ、全てを理解してくれているような気がして来る。
 
 いろいろな宗教の中に、いろいろな立場の人間が、人間の脳を通して考えた内容を、神や仏の代わりのように伝える時がある。しかし、聖母像を見ていると、言葉や理屈、指導ではなく、どのような自分も全て完全に理解し、完全に安心できる存在のようで、そこに計算や駆け引きなどはない・・・
posted by WHO IS I ? at 17:08| Comment(2) | テレビ・ニュース・新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

皆既月食があったそうだ・・・

 一部の地域で皆既月食が見られたとのこと・・・皆既月食の起きる日にお天気にも恵まれ、きれいに月食を見れる状態に遭遇する事は、一生のうちでもなかなか難しい。やや欠け月半月三日月半月やや欠け月

 これが皆既日食となると、世界中をまたに駆けても遭遇することは難しく、ロマンだけではだめでとてつもなくお金がかかりそうだ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 完全な皆既月食は小学生の時に見た事があるが、あの白いおっ月様が、真っ黒になると思って楽しみにしていたら、浅黒い赤色のようにしかならず、ちょっぴりつまらなかった、という記憶が残っている。

 昔、マンガの中で皆既日食が起きて、昼間で明るかったのに、急に辺りが夜のように真っ暗になるというのを見て、自分も実際に見てみたいと思った。それからは生きている内に、一度は見てみたいと思い続けてはいるが・・・辞典で調べると、皆既日食という現象自体なかなか起きず、世界中で見られる地域がとても少ない事を知って、がっかりした。

 たぶん古代の人々は、日食や月食の起こるシステムが分かっていなかったので、神の仕業と崇めていたのだろうと思うが、今見ても、確かにちょっぴり怖いような神々しいような不思議な気分になる。夜夜

 皆既日食は終わるほんの一瞬、ダイヤモンドリングようになるらしいが、とても貴重な一瞬にめぐり合うというのは、人生を懸けても大変なことなんだろう〜〜。See you again !
posted by WHO IS I ? at 21:12| Comment(0) | テレビ・ニュース・新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人になると思い出す???

 TVで、ほんとうにあった怖い話を見た・・・いつもの様になかなか怖ったけど、みんなで見ていたから、それほど怖くはなかった???

 そうそう、こんな程度よーくある話じゃん。別に、たいして怖くない。なんか前にも見たような内容で、もう慣れたっていう感じがする・・・とか、その時は、簡単に思ったりして。わーい(嬉しい顔)

 しかし・・・本当の恐怖は、みんなが寝静まったり、夜に一人の時にやってくる。がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

 面白いことに、ガヤガヤしているときや昼間などは、まーったく思い出さないか、思い出してもなーんとも思わない。ところが、深夜に髪の毛を洗う時や、トイレに入っている時などに、なぜか、一番怖いクライマックス、極めつけ、とっびっきりのシーンを思い出してしまう。

 とうとう、なにかの気配のようなものまで感じたりして・・・その上、偶然とは思えないような音がする。こ、こ、これは、トラップ音ではないか。と、どんどん恐怖は深まっていく。自分には超能力があるように、感覚がとぎ澄まされていき、見えないものまで見えるような、見えないような気分になってきて、そして、だれかが見ているような??モバQモバQ

 一応、大人なので、プライドがある。凄まじく驚き、逃げるわけには行かないけど・・・

 結構、本気で怖い時は大人であっても、家中の電気とテレビをつけようネ。あ〜、ほっとした。See you again !
posted by WHO IS I ? at 03:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

万華鏡・・・

 何日か前の朝方、NHKで万華鏡についての番組をやっていた。万華鏡というと、旅行先のお土産屋でひやかしで覗いた事ぐらいしかなかった。

 ビーズや安っぽい小さいおもちゃが、ガチャガチャ動いている子供だましの様なものしか見た事がなかったので、すぐ飽きてしまうおもちゃというイメージしかなかった。リボンプレゼントバースデー

 しかし、万華鏡を真剣に作っている人達がいて、その作品たるや芸術の域までいっていた・・・
 いやーー、全く知らなかった・・・

 古くからヨーロッパでは作られていたらしく、作品を見ると、まるでダイヤモンドのように見事に光輝いていて、光も細かく何万通りにも見える。これでは、一種の宝石だ。よく、ヨーロッパなどの教会にあるステンドグラスのように、色もまばゆいぐらいに美しい。
 ずーと、万華鏡は日本だけの民芸品だとばかり思っていた。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 意外と人は、思い込みのせいでとても視野が狭くなってしまっている事が分かった。一度そのような、万華鏡を見てみたいが、もし買いたくなっても、宝石ぐらいの、お値段がしそうな気がする。

 美しいものは、とかく高価なのだろう。そう思わないかい???See you again !
posted by WHO IS I ? at 03:18| Comment(2) | 思い出・旅行・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

やっと、花火が見れた・・・

 今年は、期待していた花火大会が中止になってしまったので、ずーと、巨大花火は見ていなかったけど、金沢八景島シーパラダイスの花火大会を見る事ができた。

 八景島の中で、花火がよく見えそうな所を探し歩いた。花火大会によっては、建物や大きな木などが邪魔で、なかなかすっきりと花火がきれいに見れなくて、もどかしい思いをする時があるけど、八景島は、よく見れて気持ちよかった。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 放送でメリーゴーランド付近がよく見えると聞き、急いで向かった。桟橋の広場は目の前が海なので、花火の真下に座る事ができた。今までさすがに、真下で見た事は少なく、大玉の音は本当に体にひびいた。

 花火の金色の火花が、まるで流れ星のように思えて、願い事をしたいぐらいだった。心が悲しい時、目の前で花火を見ていると、あまりにも一瞬のきらめきが美しすぎて余計に悲しさが心を貫く・・・

 恋をしている時や幸せな時は、こんなに素晴らしく思えるものは、ない。黒ハート揺れるハート揺れるハート

 最近の花火は、ハート、メガネ、お星さまや魚など、かわいい形のものもあり、子供達がそのつど喜びさけんでいるのが、かわいい。See you again !
posted by WHO IS I ? at 01:52 | TrackBack(0) | 思い出・旅行・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

夢十夜を、読んだ・・・

 昔、夏目漱石の夢十夜を授業で受けた時から、今まで読んでいなかった。映画夢十夜を見てからイメージが混乱してしまったので、久しぶりに読んでみた。

 あまり気はすすまなかったけど、若い時はよく古典文学を読んだ。文学的な物知りが、かっこいいと思っていた。今考えると、古すぎて奇妙な気がする。

 その中で夏目漱石は、文章を読んでいるのに、比較的映像が鮮明に浮かんでくるようで、とても読み易いので好きだった。

 夢十夜は、今の映画にある近未来のシュミレーションのように、不思議な感覚に陥るような表現を使っている。古い文学は大抵、現実に起こりえそうな状況説明と心理描写だけであることが多い。

 夏目漱石の描写表現は、現代の進化した映像中心の世界を予期した感じがして、時代を超えた天才なのだろう。

 今回の映画は、娯楽性を高めたい気持ちはなんとなく分かるが、透明感あふれる静寂した美しさは失わないようにしてほしかった。

 あれなら何も、夢十夜という題材にする必要はない。おかしな、監督だ。今流行の、壊す事がかっこいい・・・と思っているのだろうが、ただ変なだけだった。壊す事と醜い事は違う。かえって変だから、やめよう。See you again !
posted by WHO IS I ? at 01:58| Comment(2) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

講演会で、こんな事を思った・・・

 今日、教育関係者の講演会に出席した。朝から、嵐になって驚いた。約束なので、疲れるけど、行く事にした。台風台風台風

 内容は目新しい事はなく、かすかに古いというか、実際とかけ離れているというか、子供達の事を心理学や生活習慣など、学問や分析などで分かろうとする事がどうかと思うけど・・・

 人を理解するのに分析や決め付けが、先入観としてあると、真実が見えなくなる。その上最近は、いろいろな立場や複雑な状況にある子供達も多い。大人である教師の方は恵まれた環境で、学力を得ただけで職に就いても、人間としての境涯が広いとはいえない。

 厳しい言い方をすると、子供達の方が境涯が大人で、逆転してしまう場合もある。昔から心の成長は、人生経験と苦労をしたほうがいいとされているが、格差社会の今、苦労も格差となってしまっている。

 比較的恵まれた人には、想像が出来ない思いをした子供達もいる。心をすり減らしいっぱいいっぱいな気持ちで頑張っている子供達を、本当に理解できるだろうか・・・

 がんばれるうちは、幸せな証拠だ・・・

 心でも肉体でも限界に来た人の気持ちなど分かるわけもない・・・

 だから最近、子供の言ってくれることも、大事に聴きたい。かれらは、子供の形をしているけど、強く立派な大人の部分を持ち備えているかもしれない。

 もしかすると、大人や教師のほうが子供じみていて、子供達の方が、許したり、心配して気を使ってくれているのかもしれない。

 そう、かれらの方がずーと大人で、へたをすると、大人や教師を、相手になどしていない。当てにする事も諦めているかもしれない。そして、講演会を主催している側も、聴きに来ることができるような安定している人達の間で満足している???のを見て、聞き終わった後、そんな気がした。
posted by WHO IS I ? at 03:20| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

遊戯王GX・・・

 遊戯王の第一作目のデュエルモンスターズの時は、カードを集めるのがとても楽しくて、まだ、うきうきしていた。ちょっぴり生きがいとなっていた。初めての頃は、遊戯王のカードは350枚位だったが、次は720枚位に増えて、どんどん多くなり、一番好きなカードはブルーアイズアルティメットドラゴンで、なかなか手にはいらない。失恋失恋失恋

 それから時がたち、今は、一体何枚になったか分からない。TVでやっている遊戯王GXを見ていると、全然わからないカードだらけになっていった。

 遊戯王カードには、何枚かのカードを合わせて一つのモンスター作り上げる、融合という方法がある。トッラプや魔法カードなどを合わせると、いろいろな手段ができる。覚えるのには、数がとても多い。何千通りにもなる。スペードダイヤクラブ

 本当に試合を、する人は大変だ・・・

 ドラゴン系のモンスターは、とてもかっこよくて熱狂してしまう。全部覚えたら、うれしくて楽しいけど、あまりにもすご過ぎてカードの手を選ぶだけで一日かかりそうで、怖い・・・See you again !

 
posted by WHO IS I ? at 01:29| Comment(2) | ゲーム・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

甲子園、もう決勝なんだ・・・

 何となく高校野球が、行われている事は知っていたけど、今日、決勝戦なんだ・・・
 以前は、自分の県の代表校を、TVで見るが楽しくて、結構真剣に応援していた。

 なぜか、真剣という事を、忘れていた。真剣って壊かしい気がする。しかし、日向の中で、応援している人達もすごいと思う。毎日の暑さはものすごく、一試合の時間は以外と長い。座っているだけでも、大変でとても暑そう。TVで見ている自分は、涼しくて申し訳ないくらい。

 体温より会場の気温の方が高そうで、熱中症が心配だけど、勝つという事に向かっている意思の強さを、感じる。今、子供達はアレルギーやいろいろ大変で、体力をつけて行かなくてはならない中、選手達を見ていると、心強い・・・野球野球野球

 今でも、厳しい訓練に耐えぬいているんだ・・・

 勝ってほしいけど、その事を思うと感動する。ここに至るまでには、努力と信念があったのだろう。甲子園を目標として・・・

 目標というものは、人にすごい力を、湧き出させるものなんだと実感する。でも、やはり、熱中症が非常に心配だ。See you again !
posted by WHO IS I ? at 02:11| Comment(3) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

映画デジャブ見て、デジャブ・・・

 映画デジャブのDVDを借りた。一杯借りられていたので、これは、いける???と、思った。実は、意外と忘れつつあったが・・・楽しみにしながら、急いで家に帰った。カチンコカチンコカチンコ

 少し見ていると、勝手に画面が止まった???リモコンの再生ボタンを押すと、また画面は動き出した。
 それから、また!!!5〜6回ほど勝手に止まり、その中でも2回ほど、最初に戻ってしまった。なんと自分がデジャブになってしまった。爆弾爆弾

 最初アクションかと思っていたが、意外とデンゼルワシントンの捜査官が過去に生きていた女性に恋をして、命懸けで生き返らせようとするSFだった。

 命懸けの恋か・・・

 最近,お目にかからない。自分は傷つくのが怖くて,いつも、恋にまで至らない。でも、映画の中では思いっきりがいい。最初に心ありきの恋、あんな事やこんな事だけしか考えられない脳には無理か???

 最近手抜きの映画が多くて、つまんないと途中で遊びモードになる中で、まあまあ、飽きさせなかった。
 渋いけど好きになった。 See you again !
posted by WHO IS I ? at 04:41| Comment(0) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

教育とは・・・難しい

 TVで、学校裏サイトが流行していることが、今、問題になっている・・・本当の学校が作っているホームページではなく、個人が作っている掲示板のことらしい。だから、保護者や教師は探せない。そこには、実名をだされたり、ルールが無く問題になっている。

 確かに子供達は、親、学校に秘密の世界を作っている。形や流行は違うが、昔から変わらない。子供の側も常に最新でいたいため、最悪感よりカッコヨクいたい事に懸命だ。

 大人である親や学校側は、常に、彼らより古い。思考、モラル、感覚・・・そして、現在何が起きているか。古過ぎてついていけない。
 昔の感覚で、彼らを理解しようとしても驚愕するだけで、最後は禁止するという方法をとるしかない。
 
 トラブルや悩み事が発生しても、よい子、よい事しか認めない親や教師になどに、相談しないだろう。学校世界から逃げられない子供達は、子供の世界に無知な大人に危なくて相談などしない。

 だから、頼る場所がなく、いきずまってしまう・・

 教育の世界は常に、正しくある姿を見せる事が高い評価をうけるため、自分の中の闇の自我を隠せばいいという事を、子供達は知っている。

 現代社会では、今までは大人の世界のこととしてタブーとしてきた情報を、子供が簡単に手にできる環境にある。その中で、欲望を抑えさせる事は難しくなっている。

 純粋でいい子に育って欲しいという願いが、逆に彼らを苦しめ、大人に自分を理解してもらう事を諦めさせている???タブーとされる事への強い欲望も、持ってはいけない事になっているため、表に出す事は出来ない。

 子供達の大人化を完全拒絶する教育世界に、彼らは気付かれない様に、どんどん裏化させていく。そして大人と子供達の距離が離れていき、子供社会の進化の速度は、速まっていく。

 子供達に、裏も表も理解したうえで、納得のいく対処をしてくれる大人と、安心して相談できる受け皿がない。そして、自分もその様にいられるか不安だ。

 昔、弾圧されていた国民が、時代と共にいろいろな情報を得るようになり、自由への欲望を爆発させ、国家もその力を抑えきれなくなり・・・国民は影で、不自由だが秘かに行動に移していった・・・という形態に似てきている様な気がする。

 時代の進化が加速する中、教育の進化が遅すぎる。そして、その課題はとても難しい。
posted by WHO IS I ? at 11:58| Comment(4) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

盆踊りに行った・・・

 自分が子供の時、いろんな色に光る剣などがとっても好きで、盆踊りに行くと必ず買ってもらっていた。

 そして昨日、家の近くの盆踊りに行った。すると、子供の時、好きだった光る剣が売っていた。

 久しぶりに買おうと思って、早速列にならんだ。でも子供は、光るものが好きらしくてすごい人数がならんでいた。

 そしてあと一人、そしたら前の少年がその剣を欲しそうに見ていた。すると、その少年が・・・買ってしまった。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

 子供の時のことを思い出した。その時は三人前の人に買われてしまって、諦められずに次の日にもう一度買いに行ったがだめだった。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

それを思い出し、少し悲しくなった。
posted by WHO IS I ? at 22:38| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

都市伝説か・・・同じ事が?

 昨日、12chで、やりすぎ都市伝説という番組を見た。TVTVTVその中で、カーナビが病院の無いところに反応した、という内容を見て、似たような事があったことを思い出した。

 あるお正月、浅草の雷門へドライブに行った。いつもは、渋滞している都内もお正月は、すいている。

 とても明るく、にぎやかで、外国人が好きそうな櫛とかの日本風民芸品の店が両脇に並んでいる中を、歩いた。多くの人で、身動きがとれないぐらいだった。

 人形焼きを買って、たこ焼きを食べて帰った・・・ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 以外と都内は、環八や246号線などとても道が複雑で、迷いやすいのでカーナビを使った。自宅の住所を入力した。車(セダン)車(RV)車(セダン)

 自分では全く何も考えないで、ただただ、カーナビに従っていた。だから、今、どこらへんにいるかあまり深く考えてはいなかった。

 すると、あまりにも自宅への経路と違いすぎるような気がして、車を止めて地図を見た。その時、自宅とは違う、謎の住所が表示されていた。変に思っていると・・・

 実は、乗っている人の中に、妙な顔をしている人がいた。その住所に心当たりがある人がいた。色んな意味で、思い出の地だったそうだ。そこの事は、本人しか知らないことだったそうだ。

 カーナビは、人の心を読むのだろうか。とても不思議な経験だった。ちょっぴり、怖い思い出だ。See you again !
posted by WHO IS I ? at 21:54| Comment(0) | ちょい怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やる事がないので、かき氷・・・

 人との会話は、暑いですねのフレーズばかりで、飽きてきた。頭がモウロウとして、いいフレーズも浮かばないけど。さすがに、猛暑をやめてほしいけど、暑さがひるむこともなく・・・クーラーの無い部屋にいけない。晴れ晴れ晴れ

 急に、白玉の入った抹茶小豆かき氷が食べたくなった。店までの道のりを空想してみただけで、暑く、そして遠い。その上、帰ってこなければならないし。

 材料を集めて、白玉を茹でる。サーチ(調べる)サーチ(調べる)物を茹でると、台所がサウナのようだ。不思議な事に、温泉宿のサウナで汗をかいた時は気分がいいのに、料理をして汗をかくと、地獄の特訓の後のように、なぜかとても疲れる・・・mail to

 小豆の缶詰切った。氷をかいて抹茶をかけて、小豆と白玉をのせた。

 これは、さすがにうまい!わーい(嬉しい顔)

 が、しかし、後方付けが・・・涼しくなろうと思ったのに、結局、とても暑いと思ってしまった。。。See you again !
posted by WHO IS I ? at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ある意味で怖い夢をみる・・・

 毎日、凄まじく暑い。史上最高気温になったり・・・とうとう、温暖化が迫ってきたのか・・・温暖化って漠然ととして、どの様な悪いことが起きるかはっきりとした事がわからず、怖さが分かりずらい。

 だからだろうか・・・・・・

 夢のなかで目を開けると、自分は高層マンションの一室にいた。ザーザーという雨音で窓の外を見ると、なんと、見渡すかぎり辺りが水没して、海のようになっていた。

 心の中に、計り知れない恐怖を感じ、とにかくすぐ避難しようと思って、近所の人に助けを呼ぼうとしてみると、もぬけのからだった。

 ゲッ、やばい、みんな避難して取り残された。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

 部屋に帰って、家族とすぐ避難の準備をし始めた。大きな窓からは、ひたすら広大な水に囲まれていて、死の恐怖が迫る。逃げ場なんてありそうにない。どこに、逃げよう・・・

 すると、建物がグラグラと揺れてきた。家家家

 映画デイアフタートゥマローのようだ。地球温暖化が進み、南極の氷が解けて海水の塩分濃度が薄まると、本当に起きるという仮設をもとに作られたらしいが・・・

 きっと、NASAなどは、世界各地の気象情報からいつ頃、映画のような事が起きそうかシュミーションなどしていて、密かにわかっていたりして。でも、きっと教えてくれないよね。

 お〜〜〜、こわ。。。See you again !
posted by WHO IS I ? at 02:37| Comment(0) | シュミレーション・詩・夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

終戦記念日に思った事

 昨日、TVで、終戦記念日の追悼番組を見た。最近では、今頃やっと戦争に思いを馳せるぐらいになってしまった。
 
 亡くなられた方々の人数が示され、すごい人数なのに驚き、大変な事だったという事は強く感じながら。かすかなる哀悼の意を感じる。

 しかし、それぞれの人達にとって大切な人達であったのだろうとも思う。参列者の方々が、ご高齢なことが歳月の経過を思わせる。

 そして、戦争はよくないと必ずいい、簡単に済ませてしまうことが多い。また、過去の大戦の功罪と、被害の大きさにとらわれやすい。

 本当の戦争の怖さは、その背後にある国家の思惑にある。真に、戦争によって引き起こされる状態など、ほぼ想定できるはずだ。

 戦争に至る国家間のシステムの方が、難解で、深い意味がある。
posted by WHO IS I ? at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プールって、やっぱり気持ちいい・・・

 人って、自分にとって物事を都合よく考えたい・・歩いている時、暑過ぎて本当に目まいがして、もう、勘弁して、この暑さ〜、と、思う晴れ晴れ

 でも、冷たいプールに入りながら流れていると、暑いほうが気持ちがいい。面倒くさいから、泳がないでブラブラ流れているのがいい。

 子供は、浮き輪の上に乗って人に引っ張ってもらえるのでいいな・・・わーい(嬉しい顔)

 焼け付くような太陽の日差しで、プールから上がると、やはり暑い。とくに、鉄板の上を裸足で歩いているようで感覚がないぐらいだ。

かき氷が、うまい、腹が減った。

 子供の頃、よく飛び込みをやった。面白いので何度も何度もやった。今やったら怖すぎる・・・体が軽いっていいな。自分も、ネズミのように、すばしっこく動けた。爆弾爆弾爆弾

 帰ると、日焼けがヒリヒリするので怖い。寝転んで動けない。着替えも痛い。疲れて動けなくなってしまうだろう。

 怖いもの知らずで、めっちゃくっちゃ自由自在に動き回れるうちに、やりたいことをやっておこう。See you again !
posted by WHO IS I ? at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

B級映画のようだけど・・・・

  いつものようにGyaOで、映画スティングマター聖痕という、ちょっとB級っぽいけど、全米NO.1のフレーズに惹かれて見てみた。

 キリストが最後に負ったとされる傷と同じ場所にできる謎の傷を、聖痕といい、映画ではある女性にそれらしき傷が現れるというストーリーだ。

 その後、女性はエクソシストのようになってしまい、キリストの生前の時代に使われていたというトマス文字で、壁に文章を書き、それが、バチカンが封印したトマスの福音書らしいとなっている。
 
 なぜ、バチカンが封印するか。

 本当の信仰は、建物や人にあらず。人の心に宿りそこに神はともにいる。という、内容が、バチカンにとって脅威になるという事になっている。そのトマスの福音書は、映画では、実在したとされるが。

 すべての物事に真実がある。しかし、過去の物事の真実は二度と体感する事は、なんびとにもできない。

 ゆえに、歴史などの過去の真実を知りたいと思えば、人は苦しみ、永久に答えは出ない。時間を戻す事は、出来ないからだ。

 信仰の真髄に近ずくには、信仰を求める側に、思考を超える魂からの受けれる心が大切で、その様な心の中に信仰は存在していくもののように感じ、福音書などが本当に真の心からの言葉であれば、人の心を動かし、魂にとどくはずである。

 知識や計算に支配されない、純粋な心の目を保ち続けたいとも思うが、現実があまりにも厳しすぎてとても難しい・・・・
posted by WHO IS I ? at 06:46| Comment(0) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

夏といえば、怪談?

 最近は、現実の世界の方に、いろいろな恐怖が満載で、昔ほど怖いものを、求めなくなった様な気がする。が、GyaOで、映画リングをシリーズで見てみた。

 実は、リングが公開された頃は、あまりにも恐ろしくて、画面にゆっくりと目を合わせて見れなかったので、細かい内容が把握できなかった。モバQモバQ

 だから、リング0から、らせんに至るきちんとしたシナリオが、全然分かっていなかった。

 しかし、今回でやっと全てのストーリーが把握できた。リング1がやっぱり、一番面白かった。一番怖いのは、リング0の最後の方だ。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

 今でも、目を細めて見た。あまりにも怖すぎる。夜、見たのはいいが、眠りにつきにくくなってしまった。喉も渇いたし、トイレにも行きたいけど、脳裏にうっすら、最後のシーンがよみがえり、自分について来ているような、まさか、憑かれているみたいな・・気分が、してきた。

 でも、内容より、リング0で最後に生きたまま井戸に落とされて、助けを呼んでいる状況の方が、静かに恐怖がこたえるモバQモバQ

 いや〜、そんなめに、遭ったら怖い・・・See you again !
posted by WHO IS I ? at 17:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 勝手なる映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しみにしていた花火が・・・・

 毎年楽しみにしていた花火大会が、台風のために7月の中旬、中止になった。その事もあって、ショッピングモールを通りがかった時、打ち上げ花火が束になったセットが安くなっていたので、初めて買ってみたむかっ(怒り)

 説明書を読むと、とても危険なので、とても広い場所で楽しもうと、書いてあった・・・広い場所か???

 打ち上げ花火といえば、砂浜。海辺で、花火を打ち上げて気分はスッキリ最高だ〜〜わーい(嬉しい顔)と鎌倉に向かった。

 いつも通り、道はメチャメチャ込んでいる。クーラの効いた車内からでも、外の猛暑が伝わる。でも夜までに、海に着けばいいや。車(セダン)車(RV)車(セダン)

 思っていたより、大変だっだが、初めての打ち上げ花火の為に、ここまで来てしまった。変だけど、まあいいか。

 しかし、意外と打ち上げ花火が、禁止だった。残念に思いながらも、執念深く、帰りぎわの広めの公園や、河川の広場も寄ってみたが、みんな禁止だった。

 そうか、それで安かったんだ。しかたないから、打ち上げ花火に書いてある名前から、上がった時の形と色でも想像するか。君は、ただの危険な火薬になってしまったね。ゴメン。
See you again !

posted by WHO IS I ? at 01:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする